徳島新聞連載「第九永遠なり~鳴門初演100年」が書籍に

20

徳島新聞社は2018年12月20日に、書籍「第九永遠(とわ)なり 鳴門初演100年」を発売する。価格は1,200円(税別)。

本書は、第1次世界大戦中、現在の鳴門市大麻町にあった板東俘虜(ふりょ)収容所でドイツ兵捕虜がベートーベンの交響曲「第九」を日本で初めて全曲演奏してから2018年6月1日で100年を迎えた。この大きな節目にに向け、2016年5月から同紙1面で掲載した同名の長期連載を1冊にまとめたもの。

計85回の連載記事を全面的に加筆修正して再構成し、鳴門市などが取り組んだ100周年記念イベントの様子も盛り込んでいる。

ドイツで暮らす元捕虜の子孫や、人道的な収容所運営で第九初演を導いた福島県会津若松市出身の松江豊寿(とよひさ)所長の子孫ら100人を超える関係者を取材した内容を収録。第九にまつわるエピソードを掘り下げたほか、戦時中にもかかわらず捕虜と地域住民が交流を深めた「奇跡の収容所」の歴史について詳しく知ることができる構成となっている。

本編に先立ち、大阪城ホールの「1万人の第九」でタクトを振る世界的指揮者、佐渡裕さんのインタビューを掲載。佐渡さんからは「板東の歴史は第九のメッセージそのものだ。世紀を超えるこの物語を多くの人に知ってほしい」との推薦の言葉が寄せられた。

■書籍概要
体裁:B6判、316ページ 
発売日:12月20日
発行・発刊:一般社団法人徳島新聞社
定価:1,200円(税別)
取扱店:
徳島県内主要書店
徳島新聞各販売店
徳島新聞社お客さまセンター http://www.topics.or.jp/ud/books 
徳島新聞ブックストア(予定) https://tpbook.stores.jp/

■徳島新聞ブックストア

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・48本の500mlボトルを、わずか15cmの隙間に一括収納できるボトル収納ラック
・日本初!「荒野行動」公式グッズショップが渋谷に期間限定でオープン
・大掃除いつする?お掃除グッズの買い物は?掃除に関する意識調査(マクロミル調べ)
・福山雅治が念願の島々をついに訪問!島旅ドキュメンタリー動画「もっと長崎の島々に、なる!」を公開
・「星プロ」シリーズが仮面ライダーと一緒に平成を振り返るWebコンテンツを公開

(引用元:livedoor news)