「愛を感じました」仮面女子・川村虹花が月収の9割を使うファンに感謝

20

8日深夜放送の「浪費女子やってます。」(テレビ朝日系)が、地下アイドル「仮面女子」に月30万円近く使うOLに密着。この放送を見た「仮面女子」メンバー・川村虹花(ななか)が自身のTwitter上で感動を伝えた。

番組では、好きなことに多額の金を使う「浪費女子」を紹介。この日は仮面女子に月収のほとんどを使う33歳の女性を特集した。

女性は大手ファーストフード経営の会社で本社勤務し、月収は32万円。うち29万円を仮面女子に使っているという。女性は、仮面女子の劇場公演に週5回通うため、フレックスタイム制を活用して始発で出勤し、午後3時に退社しライブに参加するそう。お気に入りのメンバーは川村とのことだ。

公演代が月に約4万円、公演後にメンバーと写真を取る「チェキ代」が約6万円など月の内訳が紹介されるなか、最も高額なのはメンバーと会話ができる課金制のチャットで、約10万円だった。特集の最後に、女性は「虹花ちゃんが活動を続けていくかぎりは続けていく」と熱い想いを語った。

番組終了後、川村はTwitterで「とても感動した。私のためにこんなに尽くしてくれているんだと。ファンの方の愛を感じました」と感謝の気持ちを述べている。

【関連記事】
・JKアイドルを妊娠させたマネジャー 自身の「裏切り行為」をTVで釈明
・「金だけは置いてけ」 解散発表のアイドルがプロデューサーの不義理告発
・「ジャニーズも変わった」TOKIO・松岡昌宏がマネジャーのひと言から感じた変化

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.