「アバウトに過ごしてます」 羽生善治氏が日常に将棋を持ち込まない理由

20

9日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、将棋で史上初の「永世七冠」を達成したプロ棋士・羽生善治氏が、将棋の思考と日常生活について、自身の考えを明かした。

番組では、司会の羽鳥慎一が、東京都渋谷区にある将棋会館を訪れた。羽鳥は、羽生氏と館内を巡りつつ、対局以外の仕事や、私生活について話を聞いていった。

羽鳥が、「生活の中で(将棋のように)先を読んでしまうってことはあるんですか?」と質問すると、羽生氏は「ないです」と即答したのだ。理由は「将棋の思考を日常生活に持ち込むと理屈っぽくなる」からだという。続けて、日常生活でも先を読んでいては「窮屈じゃないですか」と笑いながら語った。

羽生氏は、対局では「もちろん非常にきめ細かく」やっている一方、日常生活ではあえて将棋の思考から離れて「もうちょっと、アバウトに過ごしてます」と、笑顔で明かしていた。

【関連記事】
・藤井聡太四段との対局を加藤一二三九段が回顧「藤井四段は研究派」
・加藤一二三九段 対局中に将棋以外のことで争った「事件」を明かす
・羽生善治九段 妻のTwitterを通じて三浦弘行九段の疑惑に見解「疑わしきは罰せず」

(引用元:livedoor news)