安藤優子 衆議院議員・山尾志桜里氏の女性政策に賛同「共感は凄くある」

0

12日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、メインキャスターの安藤優子が、衆議院議員・山尾志桜里氏の政策に対して、強く共感していることを明かした。

番組では「山尾議員“不倫疑惑”相手と堂々対談」と題して、今年9月に不倫疑惑を報じられた山尾氏と9歳下の弁護士・倉持麟太郎氏が、同日発売の雑誌「婦人公論」で対談していることを伝えた。対談の中で、お互いを「代わりがいない存在」と語っているという。

番組VTRでは、今年3月に女性政策・子育て政策をテーマにしたシンポジウムに出席した山尾氏が「子育てをしながら選挙で当選するということの、この国の難しさを凄く感じました」と発言している場面を紹介。さらには「婦人公論」の対談で「公人としての政治家の評価に、その人のプライバシーが絡んでくるという考え方自体がおかしくはないか」と、山尾氏が訴えていることも取り上げた。

VTR後、スタジオでは安藤が「山尾さんがやっている女性政策って、凄く多岐に渡ると思う」「そういう政策に対しての共感は、私は凄くある」と、山尾氏の政策に賛同していることを明かした。

さらに安藤は、子育てをしながら選挙で当選することが難しいという山尾氏の主張についても「つまり、24時間365日、選挙戦じゃないときも選挙活動していないと当選できない」「それと子育てを両立するっていうのは、男性の育児も家事をやらない人(政治家)に比べたら、う〜んと難しいっていうのは事実だと思います」と全面的に支持した。

すると、メインキャスターの高橋克実は「事実ではあるんでしょうけれども、(山尾氏の息子が3月の時点で)小学校1年生になるときに、ママが毎晩、別の用事で家にいないのはどうかと思いますけどもね」と、夜に密会を繰り返していたという不倫疑惑で報じられた内容を持ち出して、安藤に反論した。

さらに、高橋は「夜、密会してる。勉強会なんでしょうけども。その時間に家に帰って子どもに会っているほうが、よっぽど良いんじゃないですか?」と指摘。子育てをしながら選挙で勝つことが難しいと訴える一方で、子どもと会う時間を削ってまで不倫と疑われる行動をしていたであろう山尾氏の言動について高橋は「リンクしない」「ぜんぜんわからない」と、首をひねっていた。

【関連記事】
・安藤優子が東名高速死亡事故の容疑者の処遇に怒り「あまりに理不尽すぎる」
・安藤優子がJアラートにまたも苦言「根本的な解決はされていない」
・安藤優子 民進党・山尾志桜里議員の不倫疑惑報道に疑問「微妙なタイミング」

(引用元:livedoor news)