木下優樹菜が夫・藤本敏史の変化を明かす「歯向かって来なくなってきた」

0

23日放送の「モニタリング」(TBS系)で、タレントの木下優樹菜が、夫であるFUJIWARA・藤本敏史の変化を明かした。

番組では、「突然ユッキーナが『小遣い月15000円』を提案したら夫・フジモンは…」と題して、木下が藤本に小遣い制の導入を提案した。現在は、自身の収入を各々で管理しているそうだ。

偽番組の取材を、ふたりで対応した後に、木下が「ずっと考えてたんだけど。お金の管理あるじゃん」と藤本に切り出す。

ここで、藤本は「お小遣い制?別にいいよ」と即答。意外な反応に、木下が「え?いいの?」と驚くと、藤本は「だって俺、別にそんなに使わないじゃん」と理解を示したのだ。

しかし、月の金額が15000円だと提示すると、さすがに藤本も「安すぎやろ!」と抵抗。そこで、木下は日頃の藤本への不満をぶちまけると、たちまち藤本は「悲しくなってくる」と弱ってしまう。

結局、藤本は月15000円の小遣い制を了承。映像がスタジオに戻ると、木下は「(小遣い制は)受け入れないと思ったんですよ」と感想を漏らした。続けて「ここ最近本当に変わって、歯向かって来なくなってきた」と藤本の変化を明かしたのだった。

【関連記事】
・FUJIWARA・藤本敏史の口臭に妻の木下優樹菜が痛烈「ドブ飲んだかな」
・木下優樹菜と藤本敏史の夫婦愛にTwitterで大きな反響が集まる
・木下優樹菜が娘たちにやめてほしい仰天行動を明かす「パパが大好きすぎて」

(引用元:livedoor news)