ASUS JAPAN、縦長5.7インチFHD+液晶を搭載したSIMフリースマホ「ZenFone Max Plus (M1)」を2月17日に発…

20

エイスースからも流行りの縦長スマホ「ZenFone Max Plus (M1)」が登場!


ASUS JAPANは15日、同社の「ZenFone」シリーズにおいて初のアスペクト比9:18の縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max Plus (M1)」(ASUSTeK Computer製)を日本市場にて発売すると発表しています。

発売日は2018年2月17日(土)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格は税別29,800円(税込32,184円)。販売拠点は公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、本日2月15日より予約受付を実施するということです。

本体カラーはディープシーブラック(型番:ZB570TL-BK32S4)およびサンライトゴールド(型番:ZB570TL-GD32S4)、アズールシルバー(型番:ZB570TL-SL32S4)の3色展開。また別売りの純正アクセサリーとして本体背面を保護する専用ケース「Clear Soft Bumper」と本体の両面を保護し、ケース内側にカードが1枚収納可能な「Flip Cover」(グレー)も2月17日に発売予定です。

ZenFone Max Plus (M1)は同社初のアスペクト比9:18の縦長画面を採用したほぼ全画面デザインのミッドレンジスマホで、ディスプレイは迫力の約5.7型フルHD+(1080×2160ドット)液晶を搭載しています。

またコンパクトな本体サイズに対する画面占有率を79.8%まで拡大し、大画面かつ持ちやすい横幅を実現し、さらにMaxシリーズとして大容量4130mAhの超・ロングバッテリーを搭載することで、連続待受時間最大約28日間を実現しています。

これにより、1日中外出している時でもバッテリー残量を気にせずに安心して使え、ミッドレンジクラスながら余裕のある4GB内蔵メモリー(RAM)やCPUはオクタコアのMediaTek MT6750Tを搭載し、毎日のエンターテイメントを快適に楽しめます。

背面にはZenFone 4シリーズから採用し、人気を博したデュアルレンズカメラを搭載しました。美しく、高画質の写真が撮影できる1300万画素のメインカメラと、ボタン一つで切り替え可能で通常の約2倍ワイドに撮影できる120°の広角レンズセカンドカメラでは、広大な景色や大人数での記念撮影も1枚に収めることができます。

従来の指紋認証に加えて、ZenFoneシリーズ初となるインカメラでの顔認証にも対応し、より安全・快適となっています。

(更新中)

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・ZenFone Max Plus (M1) | Phone | ASUS Global
・ASUS 日本

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.