「言ってくれたらいいのに」平井理央の“上から目線”に青木さやかの怒り収まらず

20

13日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、元フジテレビアナウンサー・平井理央の発言に、お笑い芸人・青木さやかが怒りをあらわにした。

番組では、「毒舌サバサバ女 vs 女子アナSP」に、青木が前者として、平井が後者として出演。青木は、飲み会での女子アナの振る舞いに対して文句があると明かしたのだ。

青木が女子アナと飲みに行くと、女子アナは「自分がやらなければいけない」「自分の仕事だから」と飲み物の注文や料理を取り分けるといった振る舞いをするそうだ。青木も同じように振る舞いたいのだが女子アナに譲っているとか。

続けて青木は「どっちが、心遣いがありますか? 私ですよね?」と司会の明石家さんまに問いかける。さんまは「『青木は何にもしねーよ』と(周りに)言われても、グッと我慢してるんだ!」と、青木の立場に理解を示した。

そこで青木は、平井に向かって「そこ(青木)の気持ちも分からないくせにね!」「自分の仕事だからっていう言い訳の中、自分のいい女(っぷり)をアピールするなんて。それはね、本当に心遣いがあるとは思えない」と怒りをぶつけていく。

すると平井が「それ、合図ください」「『やりたい』って言ってくれたら、『じゃあどうぞ』って(譲る)」と返す。これを聞き、共演者の柴田理恵が「何その上から目線! あんた(青木)下に見られてるよ!?」と声を荒らげる事態に発展したのだ。

続けて平井は「言ってくれたらいいのに」「『取り分けにもこだわりがあるのかな』とか(思う)」と発言。これについて青木は否定し「女としての心遣いとか、気遣いがこっちのほうがあるってことを言いたいの」と返す。

平井がポカーンとした表情で首を傾げていると、青木は「分からないと思うわ。だって(平井は)会社に守られてたんだもの!」と声を張り上げ、最後まで怒りが収まることはなかった。

【関連記事】
・「アタシだけバカじゃねぇの?」女優・佐藤仁美が嫌いな男性の言葉
・南キャン・山里亮太と青木さやかの因縁 原因はしずちゃんのチクリ?
・平井理央 木梨憲武に夫婦の予定を暴露されて赤面

(引用元:livedoor news)