立川談志さんにダメ出し 立川志らくが生前の師匠に教えてあげたかったこと

20

29日放送の「ペコジャニ∞!」(TBS系)で、落語家の立川志らくが、故・立川談志さんとの逸話を語った。

番組では「熱血!ペコジャニ∞ グルメクラブ」のコーナーで、関ジャニ∞の丸山隆平と安田章大、お笑いコンビ・三四郎が、餃子に魅せられたゲストのすすめる餃子を扱う店を巡った。

一人目のゲストとして登場した志らくは「近ごろの連中は、餃子が好きなのはわかってます」「食べ方がわかってない」「とにかく雑」と、早々にダメ出しを連発。なんでも志らくは、店で隣に座った人に対しても、食べ方が違うと口を出さずにいられないのだとか。

そんな志らくがすすめる店はは東京・南千住の「さかい食品」だ。箸のとまらない丸山と安田を前に、さっそく志らくが「食べ方は100点満点で、二人とも30点ぐらい」と強烈なダメ出し。志らくは、基本的には寿司と同じで、香ばしさを活かすため、焦げ目に少しだけ醤油(しょうゆ)をつけるのが「餃子道の本来の食べ方」だと指南した。

また、志らくは師匠である談志さんの食べ方にも不満があったという。談志さんのこだわりは餃子に「醤油をつけない」というもので、カリカリしている食感を消さないことを重視しており、餃子に醤油をつけると怒られたそうだ。

しかし、志らくは心の中で「分かってないな」と思っていたと打ち明け、「ホントにね、生きてるうちに教えてあげたかった」と談志さんをイジり、笑いを誘っていた。

【関連記事】
・「行くわけがない!」 立川志らくが安倍晋三首相の平昌五輪欠席に理解
・立川志らく ブラック校則をめぐり「教育者を教育する機関」の必要性を主張
・立川志らくが兄弟子・志の輔との関係明かす…会話は「30何年間でトータル3分」

(引用元:livedoor news)