「食うか食われるか」「みんな敵になってしまう」 関口宏が現代社会に悲観的意見

20

7日放送の「サンデーモーニング 新春SP」(TBS系)で、関口宏が、現代社会について「相手がみんな敵になってしまう」などと悲観した。

番組では、資本主義体制の行き詰まりなどから生じた、格差や分断で大きく揺れる現代世界の今後について、出演者たちが議論を交わしていた。

この中で、ネットニュース「BuzzFeed Japan」創刊編集長の古田大輔氏が、さまざまな問題がテクノロジーで解決されている面もあるとした上で、そこから漏れるものについては政策的な手当てが必要だと指摘。こうした政策を実現するにあたり、「人の優しさの問題だと思う」と持論を展開したのだ。

古田氏の見解に対し、関口はあきらめ気味の口調で「今の資本主義経済の中でいうと、食うか食われるかで」「相手がみんな敵になってしまうっていう考え方の中に、優しさはなくなっていってしまうんだ」と悲観的な見解を漏らした。

古田氏が、「若い世代はむしろ優しい人が増えているんじゃないかと思う」と意見すると、関口はただ一言「それはうれしいけどね」とだけ返していた。

【関連記事】
・関口宏 「共謀罪」成立で国民の当事者意識を指摘「数を与えたのは国民」
・関口宏 安倍政権の高支持率を支える若者に苦言「変化を求めるべきではないか」
・関口宏がネット世論に苦言「輪をかけて引っ掻き回すって状況が増える」

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.