「ものすごい救われた」 マツコ・デラックスが“テレビに魂を売った”きっかけ

20

4日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが、テレビ出演にかける情熱を力説していた。

番組は「宮根とマツコ 新春ミヤネ屋デラックス」と題した新春特別企画。ファミリーレストラン「ガスト」で、初共演となるMCの宮根誠司とマツコが対談した。

マツコのブレークに話題が及ぶと、マツコは注目されてると自覚し始めた当時を振り返った。バラエティー番組「マツコの部屋」(フジテレビ系)を任された際に「生半可な気持ちでやってたら飲み込まれる」と思い、事務所の社長に「辞めたい」と願い出たそうだ。

しかし、反響が大きくて後に引けない状況だったらしく、マツコは「テレビに対して魂を売った」「テレビにすべてを捧げる人生(にしよう)」と腹を決めたらしい。

宮根がテレビ出演へのモチベーションについて尋ねると、マツコは「こんなにも私を求めてくれて、こんなにも私を評価してくれた人たちって(今まで)いなかった」「それに応えたい」と、テレビ業界が自分を受け入れてくれた場所だと明かす。

続けて、同性愛者として生まれ、やるべき仕事やいるべき居場所も分からなかったと告白。自分を迎えてくれた番組スタッフや視聴者が求めてくれたことから、「あんたたちに私の魂をあげるわ!」と思い至ったと説明したのだ。

最後に、マツコは「ものすごい(テレビに)救われましたよ」と、生きることが素晴らしいと実感させてくれたテレビに感謝していた。

【関連記事】
・マツコ・デラックスがオネエ仲間の楽しげな様子に本音「戻りたい」
・マツコ・デラックスが世田谷の農家に絶句「一生働いてもこの土地買えない」
・マツコ・デラックス 番組ロケで俳優・金子賢の父親に遭遇「ええ〜っ!?」

(引用元:livedoor news)