「いろんな忖度がある」 高橋真麻が感じたワイドショーにおける事務所の力関係

0

2日放送の「新春TV放談2018」(NHK総合)で、フリーアナウンサーの高橋真麻が、テレビ業界にはびこる芸能事務所間の力関係を指摘した。

番組では、テレビ人が放送局の垣根を越えて集結し、2017年に放送されたテレビ番組を議論。その最中、ワイドショーのコメンテーターを務めてきた芸能人らが、自らの思うところを明かしていった。

ここで高橋が、世間を賑わせた有名人の不倫騒動について「同じ不倫でも、こっち(の不倫)は報道されないのに、こっちはすごい山ほど時間を割いている」ことがあったと指摘。続けて「やっぱり事務所とかいろんな忖度(そんたく)があるんだな〜」と実感のこもった言葉で紹介した。

高橋が所属するのは小さな個人事務所だそうで、「私としてはうらやましいな、なんて思ったり」しているのだそう。不倫報道の扱いの違いを例に挙げ、事務所間にある力関係を示唆したのだ。MCの千原ジュニアも強い口調で「如実に感じますよね!」と同意していた。

【関連記事】
・村本大輔 テレビ業界の対応を「可視化した」…正月テレビに全く呼ばれず
・高須克弥氏 中国・チベット自治区の現状を報じないメディアに怒り爆発
・加藤浩次が「スッキリ」生放送中の議論で自主規制した本音

(引用元:livedoor news)