元暴力団組長の話に辛坊治郎が激怒「こんなやつテレビ出すなよ! 」

0

27日深夜放送の「ニュース番外地 モヤモヤハラス」(毎日放送)が、元暴力団組長の60代男性に独自取材。暴力団の現状を語った男性に、辛坊治郎が激怒した。

番組では、六代目山口組傘下組織の元組長という肩書の男性に取材を敢行し、その様子をVTRで放送。男性は18歳で暴力団入りし、刑務所に6回服役した経歴を持つ。しかし、約7年前に組を解散し、現在は一般企業に勤めているとか。

男性は「暴力団といっても、暴力団ではなくなってきている」「(上からの)締まりがきつくなって、『ケンカはするな』とか(指示される)」と明かす。暴力団対策法の影響で、組織活動が制限されるようになったので解散したというのだ。

男性は「今は辞めたもん勝ちの時代になってる」とも。暴力団を簡単に辞められる現状で、引き止めたら警察に組長が逮捕されるケースすらあるのだとか。

スタジオの辛坊は、男性の話に「今の発言聞く限り全然反省してないよね!」「どれだけ世の中に迷惑かけてきたんだと! ふざけんなと! 何を言うとんねん!」と徐々にヒートアップ。男性は「カッコいい生活」ができなくなったので辞めたのだろうと見解を述べ、辛坊は「ふざけんなよ! こんなやつテレビ出すなよ! おかしいだろ!」と激怒した。

暴力団を簡単に辞められる話にも「そんなにすぐ抜けられないって! いっぺん入ったら」と意見。そして「『電話1本で抜けられんのか』と思って(暴力団に)入るやつがいるだろう!?」と、なおも男性の発言に対する疑問をぶつけていた。

【関連記事】
・小林旭 遭遇した暴力団幹部がみせた驚きの対応「ファンです」
・水道橋博士 新幹線で電話する人物の傾向を指摘「暴力団関係者か企業舎弟」
・ビートたけし 元暴力団組長に映画出演オファー「いい顔してる」「本物は違うね」

(引用元:livedoor news)