「ありがとう」明石家さんまが離婚会見の裏話を知り大竹しのぶに感謝

0

18日放送の「第3回明石家紅白!」(NHK総合)で、明石家さんまが、離婚会見時に元妻・大竹しのぶから気遣いを受けていたことを知って感謝していた。

番組では大竹がゲスト出演。さんまと結婚前や離婚前のエピソード、離婚会見の裏話などを語り合っていた。離婚会見時のさんまの写真が登場したそのとき、さんまが会見に臨んだ服装を、大竹は「なんか覚えている」と言い出した。

大竹はさんまが着ていた服に「アイロンかけた記憶」があったというのだ。さんまが大竹の言葉に驚いて「うそ?」と質問すると、大竹は「ホント。洋服を選んで」と答える。さんまが「離婚する会見のときの(服に)お前アイロンかけてくれてた?」と続けると、大竹は「うん」とうなずいた。

離婚から25年経って判明した事実にさんまは仰天。大竹に「だいぶ遅いんやけど」と声を掛けると、向かい直して「ありがとう」とひと言。大竹は「うん」と再びうなずいて笑顔になり、スタジオからは大きな拍手が起きていた。

【関連記事】
・明石家さんまの手相 島田秀平が衝撃の鑑定
・明石家さんまが東北ロケで受けた所ジョージの優しさ「寒いのをナメてんねんね」
・明石家さんま 大竹しのぶと離婚した後にも義母との交流を告白

(引用元:livedoor news)