高橋真麻の失恋エピソードに加藤浩次も「変な恋」と指摘

20

30日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、高橋真麻が失恋エピソードを語った。

番組の「スッキリVOICE」のコーナーでは、街行く人に「今でも忘れられない!実らなかった恋」というテーマでインタビューした様子をVTRで放送。VTRの後、高橋は高校時代の実らなかった恋のエピソードを披露した。

当時の高橋は、他校に好きな男子生徒がいたそう。しかし、相手は意気がりたい時期だったらしく、会いに来た高橋に向かって「寿司おごれ」と要求してきたとか。

高橋は「500円玉しか持ってないからおごれない!」と一蹴したが、その後の男子生徒は高橋を「500円玉」と呼び続けたというのだ。結局、ふたりは交際には発展せずに高橋の片思いで終わったとそうだ。

司会の加藤浩次が「変な恋いっぱいしてきますよね」などとツッコむと、高橋は笑いながら「そのときに、今でもバラエティでイジられても折れない心を培ったんだなって」と前向きに振り返っていた。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.