カンニング竹山が子どもに勉強してほしいと思う理由

20

30日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、お笑いタレントのカンニング竹山が、子どもたちが勉強することの必要性を訴えた。

番組では、子どもの素朴な疑問に親たちがどう答えるべきなのかをテーマに、いくつかの子どもの疑問にスタジオ出演者が持論を展開した。

その中で、小学生からの「『人が嫌がることはしちゃダメ!』ってお母さんは言う。どうしてお母さんは僕の嫌いな勉強を押し付けてくるんだろう?」というの疑問を取り上げた。

この疑問に竹山は、勉強が好きな子どもたちはもっとたくさんの勉強をすればいいとする一方で、苦手な子どももある程度はこなしておいた方がいいのだと指摘する。それは大人になった際、何の仕事をするにしても、国語や算数、社会といった教科の知識は「かならず必要」だというのだ。

さらに、竹山は「勉強を全拒否すると(仕事ができず)ご飯食べられなくなっちゃう!」「ていうことだと思う」と、必要なことを学んでいるという見解を示していた。

【関連記事】
・「全国的に正しい情報を伝えたい」カンニング竹山が3.11被災地の現状に訴え
・カンニング竹山がわずかな成功例を求めるダイエット女子に痛烈なダメ出し
・カンニング竹山 「週刊文春」編集長との対談めぐり事務所にブチ切れていた

(引用元:livedoor news)