陣内智則 「R-1」王者・濱田祐太郎の弱視を生放送番組でイジった結果

20

16日放送の「ネタパレ」(フジテレビ系)で、お笑いタレントの陣内智則が、ネタ振りで思わぬ事態を招き「悪者扱い」された出来事を語った。

番組では、6日の「R−1ぐらんぷり2018」(同)で優勝した、盲目に近い弱視の漫談家・濱田祐太郎がスタジオでネタを披露した。ネタ後のトークで、濱田は「番組もいろいろ出させていただくようになって」と近況を明かし、「R−1」翌日に陣内と同局の「ノンストップ!」で共演したことを振り返っていた。

そこでボケとして、陣内が「今度、一緒にご飯食べに行こうや。色とりどりの野菜を食べに行こう」と弱視の濱田に振ったそうだ。あえて弱視をネタにした陣内だったが、濱田は先輩からの振りにうれし過ぎ「見えへんがな!」とツッコミを入れられなかったというのだ。このとき、ただただ笑っていただけだったとか。

結果的に陣内が、障害者への配慮に欠けた発言をしただけの雰囲気となってしまったとか。陣内が当時を振り返り「俺、めっちゃ悪いやつになってんぞ! 生放送で」とコメントし、スタジオに笑いが起きた。

そこで当時のやり取りを再現する流れとなり、陣内が「色とりどりのお野菜食べに行こう」と誘うと、濱田が「見えへんねん!」とすかさずツッコミ。陣内は「よかった。やっと成立した」と胸をなでおろしていた。

【関連記事】
・ナイツ塙が「R-1」王者・濱田祐太郎を絶賛
・「KRD8っていう…」陣内智則が姪のご当地アイドル活動を告白
・陣内智則が橋本環奈にセクハラ発言?「天使の…」

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.