笑福亭鶴瓶 今なお年間167高座もの舞台に上がる理由

20

13日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、落語家の笑福亭鶴瓶が、舞台に上がり続ける理由を明かした。

番組では、お笑いトリオ・コント赤信号の渡辺正行がゲスト出演した。芸歴38年の渡辺は、自身のプライベートから現在活躍する人気芸人の若き日のエピソードなどを披露。その中で、「コント赤信号は解散していない」と訴える場面があった。

渡辺が、現在はコント赤信号としてのオファーがないだけで、あればやるつもりだと明かすと、鶴瓶は自ら主催する落語会「無学の会」に誘い始める。

渡辺が鶴瓶からの誘いに困惑する様子を見せる一方、鶴瓶は「こんなに長いことやってても、舞台に出とかないと感覚が保てない」「年間167高座上がんのよ」と落語の舞台に上がり続けていると告白。すると、渡辺は「本当ですか?」「また嘘ついて…」と驚きの声を上げる。

渡辺が「今度、見に行きます!」と社交辞令のように声をかけるも、鶴瓶は見透かしたように「絶対に来えへんけどな」とツッコミを入れて、笑いを誘っていた。

【関連記事】
・「会わへん言うてるやろ」笑福亭鶴瓶がいまだに怒っている一般人の言動
・「何を言われても楽しいなって思う」笑福亭鶴瓶が明かす中居正広の優しさ
・故・立川談志さんが最後の入院生活で一番楽しみにしていた見舞客

(引用元:livedoor news)