「簡単に親元に返すな」フィフィが児童虐待を巡り親の権利剥奪を主張

20

5日、タレントのフィフィが自身のTwitterアカウントで、児童虐待の問題について親権剥奪を訴えた。

3日、フィフィは「毎日新聞」の記事を引用して「ひなまつりの日にこんなニュースを読むなんて胸が痛い」「母親は何をしていたのだろうか」と投稿した。

「(児童相談所が)すぐ親元に戻したりするから」「(親が)今度はバレないよう子供が声を上げることすら許さない方法でやりそう」と、通報したことによるふたつの問題点を挙げた。

その上で「アメリカみたいに親の権利を剥奪して子供の権利を守るべき」「簡単に親元に返すなと言いたい」と、虐待に至った親の権利を剥奪するべきだと訴えている。

【関連記事】
・梅沢富美男 増え続ける児童虐待に吠える「犬猫や動物じゃないんだ!」
・梅宮辰夫 子役が号泣した長時間撮影を非難「児童虐待」「監督がボケ」
・「おかしくなった」奨学金による破産増加でフィフィが制度を疑問視

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.