古田敦也氏、山田哲人は近くヤクルト退団と予想 「あと1年か2年」

20

24日放送、MBS「戦え!スポーツ内閣」に、元ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏が出演。後輩・山田哲人の今後に言及した。

プロ野球史上初となる3回目のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田。球界の至宝がいつまでヤクルトにいるかとの質問に、古田氏は「あと1年か2年でしょうね。FA(フリーエージェント権)取るんでね」と答えた。

「本人もなんかちょっと色気出してきてますからね」と、山田が将来を考えていることをほのめかした古田氏は「ちょっと違うステージにっていうのは考えているみたい」と明かしている。

ただ、海外に飛び出して成功した野手は少ない。古田氏も「だいたい失敗していますからね」とうなずく。そのうえで、「やってみないと分からない」とコメント。ショートは肩の強さの違いから「レベルが違いすぎる」ものの、「セカンドだったらチャンスある」と続けた。

また、阪神タイガースの矢野燿大新監督について問われると、古田氏は「非常に良いチームをつくると思う」とコメント。阪神はこれまで「のびのびやっているムードが今ひとつなかった」とし、2軍で積極性を出した矢野監督の下で「若手たちが躍動する姿が見られると思う」と予想した。

古田氏は矢野監督が勉強家であり、現役時代に城島健司の加入でレギュラーの座を失った時も、腐ることなくチームを支えた姿勢を評価。「キャッチャーとしての力量も高い」と、目配り・気配りができると称賛している。

さらに、古田氏は矢野監督が「明るい人間」であることから、1軍選手の重圧を取り除けるのではないかとコメント。「楽しみ」と、来年に期待を寄せた。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.