Android Studioを使ってAndroid SDKをWindows 10にインストールする方法を紹介!アプリ開発までするなら…

20

Android Studioを使ってAndroid SDKをWindows 10にインストールする方法!


Android向けアプリの開発やパソコン(PC)などからAndroidを制御できるコマンドラインツール「Andrid Debug Bridge(ADB)」を利用する際に必要となる「Android SDK」は、いくつかの導入方法が存在しており、前回は統合開発環境を導入せずにAndroid SDKを導入する「Android SDKコマンドラインツール」のインストール方法を紹介しました。

一方でADBを利用するだけでなく、実際にもう少し踏み込んでAndrid向けアプリの開発などを行うには統合開発環境を導入したほうが良いでしょう。そこで今回は、Googleが提供する統合開発環境「Android Studio」を使ってWindows 10にAndroid SDKのインストール方法を紹介します。

【必要なファイルをダウンロード】

Android Studioを利用するには、下記の2点が必要になります。

1)Android Studio
2)Java SE Development Kit(JDK)

まずはAndroid Studioのインストーラーをダウンロードします。これはAndroidの開発者向け公式Webページ「Android Studio と SDK ツールをダウンロードする | Android Studio」にアクセスし、緑色の「ANDROID STUDIO」ボタンをクリックします。

すると、ライセンス条項の確認画面が表示されますので、条項を読み問題なく同意できるのであれば「上記の利用規約を読み、同意します。」にチェックを入れて、「ANDROID STUDIO FOR WINDOWS ダウンロード」をクリックして、インストーラーのダウンロードを完了させます。

次にAndroid Studioを利用するためにJDKのインストーラーをダウンロードします。まずはJDKが配布されているOracleの公式Webページ「Java SE Development Kit 8 – Downloads」にアクセスし、「Java SE Development Kit 8u144」の下にある「Accept License Agreement」にチェックを入れ、Windows x86(32ビットOSの場合)もしくはWindows x64(64ビットOSの場合)のexeファイルをクリックして、JDKのインストーラーをダウンロードします。

【JDKのインストール】

では、先にJDKをインストールしていきます。ダウンロードしてきた「jdk-〜」をダブルクリックします。

すると、JDKのインストーラーが立ち上がりますので、「次」をクリックします。

インストールするものを選択する画面が出てくるので、そのまま「次」をクリックします。

しばらくすると、今度はJREのインストール画面が表示されますので、「次」をクリックします。

インストールが完了したら、「完了」をクリックします。これでJDKがインストール完了です。

【Android Studioのインストール】

続いて、Android Studioをインストールします。先ほど、ダウンロードしてきた「android-studio-〜」をダブルクリックします。

すると、インストーラーが立ち上がりますので、「Next」をクリックします。

インストールする物を選択する画面が表示されますので、そのまま「Next」をクリックします。

ライセンス条項が表示されますので、条項を読んで同意できるのであれば「I Agree」をクリックします。

Android StudioをAndroid SDKのインストール先を選択する画面が表示されますが、別段違う場所に設定しないのであれば、そのまま「Next」をクリックします。

スタートメニューのフォルダーを指定する画面が表示されますので、そのまま「Install」をクリックします。

インストールが完了すると、「Next」ボタンがクリックできるようになりますので、クリックします。

完了したら、「Start Android Studio」にチェックを入れた状態で、「Finish」ボタンをクリックします。

前バージョンの設定をインポートする画面が表示されますが、今回は初めてインストールしたので、「I do not have a previous version of Studio or I do not want to import my settings」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

すると、初期設定画面が表示されますので、「Next」をクリックします。

Android Studioのインストール種類を選択する画面が表示されるので、「Standard」にチェックを入れて、「Next」をクリックします。

確認画面が表示されますので、「Finish」ボタンをクリックします。

Android SDKやADBを含む、platform-toolsのダウンロードとインストールが始まりますので、しばらく待ち完了したら、「Finish」ボタンをクリックします。

すべて完了すると、Android Studioが立ち上がりますが、今回はそのまま「×」ボタンをクリックして、Android Studioを終了します。

【platform-toolsへパスを通す】

次にインストールしたplatform-toolsへパスを通すため、エクスプローラーを開いて「PC」を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。すると「システム」画面が表示されますので、左欄の「システムの詳細設定」をクリックします。

「システムのプロパティ」が表示されるので、「環境変数」ボタンをクリックします。

環境変数設定画面が表示されますので、ユーザー環境変数の「Path」をクリックして、上の「編集」ボタンをクリックします。

環境変数名の編集画面が表示されるので、「新規」をクリックします。

テキスト欄にカーソルが移るので、「%USERPROFILE%\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools」と入力し、「OK」をクリックします。

先ほどの環境変数画面に戻りますので、「OK」をクリックして、画面を閉じます。

次にパスが通ったか確認するためにスタートボタンを右クリックして、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして、PowerShellを立ち上げます。

PowerShellが立ち上がってきたら「adb」と入力して「Enter」キーを押し、adbが無事起動できることが完了したら、導入完了です。

記事執筆:YUKITO KATO

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Android Studio と SDK ツールをダウンロードする | Android Studio
・Java SE Development Kit 8 – Downloads

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.