秋吉 健のArcaic Singurality:生体認証の光と影。iPhone XのFace IDは本当に安全?指紋認証や顔認証の…

0

iPhone Xの「Face ID」は安全か?生体認証と正しく向き合う方法について考えてみる


「こんにちは、ヤカモトさん」、「ミスターヤカモト、あなたにオススメの商品があります」。厳しい捜査網を掻い潜るために眼球の移植手術をしたジョン・アンダートンは、身を隠すようにして街を歩いていた。すると街頭のデジタルサイネージに組み込まれた網膜センサーが眼の「元の持ち主」を認識し、その名前を連呼してターゲット広告を表示するのだった――。

いきなりSF映画「マイノリティ・リポート」のネタバレから始めてしまいました、すみません。しかしこのような物語は、もはやSFの世界だけとは言い切れなくなってきています。

指紋認証や虹彩認証などがスマートフォンへ搭載されるようになって久しい昨今、生体認証は誰もが当たり前に使う技術となりました。今年発売されたAppleの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone X」では「Face ID」と呼ばれる顔認証技術が採用され、その精度の高さについてさまざまな議論や実証・検証が繰り返されるなど、未だに大きな話題を巷へ提供し続けています。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singurality」。今回は、そんな「生体認証」にまつわるお話をしましょう。


通信キャリア各社もまた生体認証への対応を急いでいる(NTTドコモの公式Webサイトより引用)

■生体認証の必要性

(引用元:livedoor news)