近畿日本ツーリストとKDDIが海外ウェディングのVRライブ配信の事業化に向けた実証実験を実施!実際に結…

19

海外ウェディングの課題をVRで解決!


近畿日本ツーリスト(以下、KNT)および近畿日本ツーリスト個人旅行(以下、KNT個人)と、KDDIが東京ビックサイトで開催された「ツーリズムEXPOジャパン2017」で日本初となる海外ウェディングの360°パノラマ映像を日本へライブ配信するサービスの実証実験を9月24日行った。

この取り組みは、海外ウェディングを検討する人が増加傾向にある一方で、多くの列席者を呼べない、スケジュールや金銭的負担など懸念事項も多い。そこで、こうした課題を解決するためVRサービスによる新しい顧客体験価値を提供するというもの。

今回の実証実験における各社の役割は、KNTおよびKNT個人がグアムでのチャペル調整、ウェディング該当者・招待客の募集、ビックサイトでのイベント運営、KDDIがグアムでの映像撮影・配信・アーカイブ制作、ビックサイトでのVR機器・TELEPOD設置、招待客・一般客へのVR対応オペレーションを行った。今回はこの海外ウェディングのVR配信イベントを紹介していく。

海外ウェディングのVR配信イベントは、KNTブースのイベントステージで行われた。イベント開催前には、一般の来場者も事前にグアムで撮影した挙式の360°パノラマ動画のVR体験会を実施。

神父の前に設置したカメラの映像にはまるで神父目線で入場する新郎新婦を正面から観ることがきるというユニークなもの。ゴーグルを付けたまま振り返ると神父を観ることができ、まるで自分が新郎新婦になったかのような体験ができた。

機材トラブルがあって定刻から少し遅れたものの、無事にグアムからの映像配信が始まる。会場に列席する両家には「Gear VR」が手渡され、VRによる挙式が行われた。

予定では「ハコスコライブ」によるライブストリーミング配信を行うとのことだったが、現地のモバイル回線などの問題もあり、バックアップ用に設定しておいた「YouTube」のライブ配信で行われた。

また、送り側だけではなく受け側の東京ビッグサイトも通信環境があまり良くないことも重なってしまったが、実際の運用の際には列席者は通信環境の良い会場での視聴や自宅などでも視聴することができるので体験の質は向上するとのこと。

東京ビックサイトの会場にも360°カメラが設置されており、双方向で映像および音声のやりとりを可能としていた。

今回、サプライズとして挙式終了後に新郎新婦によるご家族への感謝のメッセージ動画が流れるとご両親が涙する一幕があった。

イベント終了後には「こうした技術の発達で今までできなかった体験ができたのが良かった」という声を訊くことができた。一方で、音声がよく聞こえなかったというトラブルが残念だったという。

VRのライブ配信という新しい取り組みは、場所や時間を超えて多くの人が価値を共有できるのはなかなか面白い。また、服装を気にすることなく自宅などでも視聴できるのも意外と敷居が低くて良いのではないだろか。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・日本初! 海外ウェディングのVRライブ配信による遠隔参列を実現 | 2017年 | KDDI株式会社

(引用元:livedoor news)

19 コメント

Comments are closed.