ソフトバンク、法人向けUSBスティック型データ通信専用端末「SoftBank A002ZT」を発表!ZTE製で、9月中…

0

USBスティック型データ通信専用端末「SoftBank A002ZT」が登場!


ソフトバンクは29日、携帯電話サービス「SoftBank」の新商品として法人向けUSBスティック型データ通信専用端末「SoftBank A002ZT」(ZTE製)を発表しています。発売時期は2020年9月中旬以降を予定し、価格は現時点では未定とのこと。

持ち運びに便利なUSBスティック型のデータ通信専用端末で、ソフトバンク回線では下り最大368Mbpsの高速通信に対応しているほか、国際ローミングにも対応しているため、海外出張などでもノートパソコンなどUSBに対応する機器を快適に使用できるということです。

SoftBank A002ZTはUSB Type-A端子(USB 2.0)を備えたスティック型データ通信端末で、パソコン(PC)などのUSB端子に装着して利用します。サイズは約96×34×14mmとコンパクトで、質量が約47gで持ち運びもしやすく、バッテリーレスで挿すだけの簡単接続となっています。

本体カラーはブラックの1色のみで、携帯電話ネットワークの対応周波数帯は4GにおけるFDD-LTE方式のBand 1および2、3、4、8、11、12、17、28、TD-LTE方式(AXGP方式含む)のBand 41おおよび42、3GにおけるW-CDMA方式のBand IおよびII、IV、V、VIII、2GにおけるGSM方式の850および900、1800、1900MHz。

これにより、下り最大368Mbpsおよび上り最大46Mbpsで利用可能。なお、5Gには非対応。側面にnanoSIMカード(4FF)スロットを搭載し、シングルSIMとなっており、USB端子は折りたたんで収納することが可能です。

【SoftBank A002ZTの主な仕様】
通信方式 こちらをご覧ください。
最大通信速度(下り/上り)※2 368Mbps※1/46Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約96×34×14mm/約47g
インターフェース USB 2.0
カラー ブラック
メーカー ZTE

※1 USB 3.0ポート挿入時に受信できる最大通信速度(理論値)です。USB 2.0ポート挿入時は、下り最大320Mbpsとなります。
※2 ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下または通信できなくなる場合があります。使用エリアによって、最大通信速度が異なります。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・SoftBank A002ZT 関連記事一覧 – S-MAX
・“ソフトバンク”、法人向けUSBスティック型データ通信専用端末「SoftBank A002ZT」を発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
・SoftBank A002ZT | モバイルデータ通信 | 製品 | モバイル | 法人のお客さま | ソフトバンク

(引用元:livedoor news)