ソフトバンク向けと見られる未発表のOPPO製スマホ「A002OP」が技適を通過!詳細不明ながらOPPO Reno3 5G…

0

OPPOが日本市場で加速!?新たなソフトバンク向けと見られる未発表製品が技適通過


OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が新たに未発表のスマートフォン(スマホ)「A002OP」について日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて2020年5月25日付で取得していることが明らかとなりました。認証番号は技術基準適合証明/工事設計認証(電波法)が「201-200333 / 00」。

型番規則からソフトバンクが提供する携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」向けと見られ、すでに発表されている5Gスマホ「OPPO Reno3 5G(型番:A001OP)」に続いてOPPOのスマホがソフトバンクに納入されることになるようです。なお、それ以外の詳細については不明です。

OPPOはスマホの販売台数シェアで世界4位争いをしている中国メーカーで、日本には2018年2月にSIMフリースマホ「OPPO R11s」にて参入し、その後、精力的に新製品を日本市場に投入して今年に入ってからSoftBank向けOPPO Reno3 5Gに加え、au向け「OPPO Find X2 Pro(型番:OPG01)」と移動体通信事業者(MNO)の大手にも納入することになっています。

参入当初から日本市場でもMNOへの納入を強く望んでおり、ライバルのHuawei Technologies(ファーウェイ)がアメリカによる制裁による「ファーウェイ問題」で日本ではMNOによる採用が難しくなっていることも影響したとは思われますが、着実に日本での販売台数を伸ばしていると見られます。

特に昨年発売した日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵に対応した「OPPO Reno A」はコストパフォーマンスが高いと好評で、直近ではその系譜となる「OPPO Reno3 A」がUQ mobileから発表されました。なお、OPPOが技適を取得した未発表の製品は「CPH2013」と「CPH2053」も存在しています(これらがOPPO Reno3 Aの可能性はありますが)。

【2020年の日本市場向けOPPO製品概要】

製品 型番 工事設計認証番号
OPPO Find X2 Pro OPG01、CPH2025 201-200176
OPPO Reno3 5G A001OP 201-200116
OPPO Reno3 A 不明 不明
不明 CPH2053 201-200016
不明 CPH2013 201-200055
不明 A002OP 201-200333
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・201-200333 / 00 – Certificate search – Telefication

(引用元:livedoor news)