Appleが6月22日より開発者向けイベント「WWDC 2020」をオンラインで開催!iPhone向け次期プラットフォー…

0

Appleの年次イベント「WWDC 2020」が6月22日より開催!史上初のオンラインのみで実施


Appleは5日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2020(以下、WWDC 2020)」を2020年6月22日(月)よりオンラインのみで開催すると発表しています。すべての開発者を対象に参加費無料で実施されます。

同社では年次イベントであるWWDCをすでに今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響でオンラインのみで開催することを案内していましたが、6月22日より実施されることが決定されました。今年で31年目となるWWDCですが、史上初のオンラインのみでの試みとなります。

WWDC 2020では同社が開発するiOSやiPadOS、macOS、watchOS、tvOSの未来にいち早くアクセスし、Appleのエンジニアたちとの交流を通じてApple製品を愛用する世界中の人の生活を豊かにするアプリの体験作りに励むことを可能にする絶好の機会となると説明しています。

また同日(日本時間5月6日)から太平洋夏時間5月17日(日)23時59分(日本時間5月18日15時59分)までに世界中で開発に取り組んでいる学生を対象に「Swift Playground」で作った実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンを募集し、優秀作品には他では入手できないWWDC 2020ジャケットとピンバッジのセットをプレゼントします。


iOSやmacOSなどの主要プラットフォームを説明する同社のSoftware Engineering担当上級副社長のCraig Federighi氏。写真は昨年のiOS 13の発表時

WWDCは毎年6月に開催されているAppleの開発者向けイベントで、アメリカ・カルフォルニア州サンノゼにある「McEnery Convention Center」で多数の人を集めて開催してきました。例えば、昨年の「WWDC 2019」には世界86か国から5000人以上の人々が集結したとされています。

一方で新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響によって特に大規模イベントは開催を中止しており、WWDC 2020でも早い段階から実イベントは開催されないことになり、史上初のオンラインでの開催となりました。オンラインは専用アプリ「Apple Developer」および公式Webページ( https://developer.apple.com/wwdc20/ )にて閲覧できます。

同社は開発者が事前にApple Developerアプリをダウンロード・インストールして準備しておくように案内しており、WWDC 2020の開催要項や基調講演、各プラットフォームの指針を示す「Platforms State of the Union」、セッションおよびラボのスケジュールなどは6月に入ってからApple Developerアプリを通じてお知らせするとのこと。

またWWDC関連の情報はApple Developer公式Webページやメールでもお知らせされます。なお、例年通りであれば、スマートフォン(スマホ)向け「iOS 14」やタブレット向け「iPadOS 14」、パソコン(PC)向け「macOS 10.16」、スマートウォッチ向け「watchOS 7」、スマートテレビ向け「tvOS 14」などの各プラットフォームの次期バージョンが発表されるものと予想されます。


アプリ名:Apple Developer
価格:無料
カテゴリー:辞書/事典/その他
開発者:Apple
バージョン:8.1.1
互換性:iOS 12.4およびwatchOS 5.0以降が必要です。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。 Apple TV.
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id640199958?mt=8


記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・WWDC 関連記事一覧 – S-MAX
・Apple、世界開発者会議を6月22日よりオンラインで開催 – Apple (日本)

(引用元:livedoor news)