KDDI、auスマホ(3G・VoLTE非対応機種)からの機種変更で定番スマホ「iPhone 8」(64GB)の最大5万5千円…

0

auでキャンペーン「iPhone 8おトク割」が実施中!3Gは2022年3月末に終了予定


KDDIが携帯電話サービス「au」のスマートフォン(スマホ)のうちの3Gのみに対応した製品やVoLTE非対応製品から「iPhone 8」(64GB)へ機種変更(購入)した際に製品代金を最大55,000円(税込)割り引くキャンペーン「iPhone 8おトク割」を2019年12月6日(金)より実施しています。

auのiPhone 8(64GB)は直営店では製品代金が税抜53,018円(税込58,320円)となっているため、店舗によっては製品代金が一括0円となる場合もあるようです。なお、購入代金にのみ使えるポイントを付与することによって製品代金から割り引き、製品代金が割引額を下回る場合は割引額は製品代金が上限となります。

また現在、3G向け料金プランに加入中の機種が対象で、KDDIに登録されている直近の購入機種(au取扱店で購入された機種)が16カ月目以上利用している必要があるとのこと。対象店舗はauショップや量販店などのau携帯電話取扱店ですが、公式Webストア「au Online Shop」や沖縄県下は対象外となっています。

iPhone 8は2017年9月に発売され、それ以降に発売されたiPhoneはすべてホームボタンがなく顔認証「Face ID」に対応した“全画面デザイン”を採用しており、現状では指紋認証「Touch ID」に対応した最も性能の高いモデルとなるほか、本体の大きさとしても4.7インチサイズと現在の全画面デザインモデルと比べて小さいので今でも人気のある機種です。

またチップセット(SoC)も「iPhone X」と同じ「Apple A11」を搭載し、防水や防塵、Apple Pay(FeliCa)にも対応しており、ガラスボディーを採用していることでワイヤレス充電にも対応しています。本体カラーはスペースグレーおよびシルバー、ゴールドの3色展開。詳細な製品情報は『Apple、4.7インチスマホ「iPhone 8」と5.5インチスマホ「iPhone 8 Plus」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ(FeliCa)などは継承し、新たにガラスボディーでワイヤレス充電に対応 – S-MAX』をご参照ください。

そんなiPhone 8(64GB)がauの3GスマホやVoLTE非対応スマホからの機種変更で大幅に割り引かれています。日本ではすでに各社が3Gサービスの終了を案内していますが、中でもauは最も早い2022年3月末に終了する予定となっており、4G LTEに対応していてもVoLTEに対応していないVoLTE非対応製品も利用できなくなることもあり、キャンペーンによって対象製品を利用している人に乗り換えを促進しています。

その他、キャンペーンでは終了時期は未定ながら店舗によってiPhone 8(64GB)の在庫状況が異なっており、在庫がなくなり次第、終了となるほか、受付時期によって条件や対象機種・割引額など予告なく変更または終了する場合があるとしています。また「初スマホ割(3G)」などのKDDIが実施する他の施策とは併用できない場合があるということで、詳細は店舗などでご確認ください。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・iPhone 8 関連記事一覧 – S-MAX
・iPhone 8おトク割 | キャンペーン・割引特典 | iPhone | au
・製品価格一覧|au NEW SELECTION|au

(引用元:livedoor news)