ドコモショップにおける「初期設定サポート」の内容を統一!他所で購入して持ち込んだり、ケータイ補償…

0

NTTドコモがショップやオンラインにおけるサポートを拡充!


NTTドコモは29日、都内にて「2019年度 第2四半期決算説明会」を開催し、ドコモショップにおける「来店予約」拡大や「初期設定サポート」の実施、「ドコモスマホ教室」の拡充などの新たな取り組みを展開していくと発表しています。

まず来店予約についてはすでに全国のドコモショップにて1043店舗で導入していますが、より多くの人が待ち時間なく受付できるようにさらに2020年3月末までに1500店舗へ導入する予定とのこと。なお、ドコモショップは2018年度末時点で約2300店舗となっているため、およそ65%で導入されることになります。

また2019年12月1日(日)から全国約2300店舗のドコモショップで初期設定サポート内容を統一し、店頭でスマートフォン(スマホ)などの端末を購入して「初期設定・データ移行」を希望する人に対し、全店無料でサポートを実施します。

一方、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や量販店、一般販売店で購入した端末をドコモショップへ持ち込んでサポートを希望する人に対しても一様に全店でサポートを有料で行い、料金は3,000円/回(税別)となります。対象製品はキッズケータイおよびNeuxs 5Xを除く各スマホ・タブレット。

サポートの範囲はともに「Apple ID」や「Googleアカウント」の設定、「dアカウント」の設定、ドコモアプリケーションの設定、データのコピーとなり、同社ではスマホを購入後の初期設定や操作などの受付をする専門スタッフをすでに全国で804店舗へ配置し、今後も順次拡大予定だとしています。

さらにドコモスマホ教室については参加数が累計400万人を突破し、講座数も最大33と拡充していますが、今後は2020年の小学校プログラミング教育必修化に備えた学びの場としてプログラミング教育サービス「embot」を使った有料版プログラミング教室を2020年2月から展開予定です。

来店予約は同社の公式Webサイトやドコモインフォメーションセンターもしくはドコモショップに電話して日時を指定してドコモショップの来店を予約できるサービスで、予約の上で店舗に来店することで待ち時間が少なく手続き可能となります。

現在、1043店舗で導入していますが、より多くの人が待ち時間なく受付できるようにさらに2020年3月末までに1500店舗へ拡大するとのこと。また当日予約なしで来店する人も要望に応じて空き状況を踏まえ、当日の手続きを案内しますが、混雑している場合には受付を停止することもあるため、来店予約しておくことが手続きをする上で確実となります。

初期設定サポートは各種アカウントの設定やドコモサービスの初期設定、データ移行をドコモショップにて行うサービスで、ドコモショップで購入した場合には無料、その他のドコモオンラインショップや量販店などで購入した場合でドコモショップに持ち込んで行ってもらう場合には有料となります。

なお、初期設定サポートは端末を購入した時以外にも故障修理時やケータイ補償サービスを利用した場合にも利用可能で、故障修理時は無料、ケータイ補償サービスを利用した場合には3,000円/回(税別)となります。個人・法人ともに対象で、個人の場合にはサポート実施時にdポイントクラブ会員かつNTドコモの回線契約者である必要があります。

プログラミング教室は無料版1回(embot貸出)、有料版6回の7つのカリキュラムでプログラミング教育サービスのembotを使って子どもの「論理的思考力」や「問題解決力」などのプログラミング的思考力を養います。embotはダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで、電子工作やものづくりの基礎を学ぶとともにスマホなどでビジュアルプログラミングを行い、簡単に操作することができるプログラミング教育サービスです。

無料版は18店舗で既に実施しており、2021年3月末までに全国のドコモショップへ拡大予定。有料版の料金は3,000円/回(税別)で、別途embotの購入が必要となります。各回の受講内容は以下の通り。申込はドコモスマホ教室申込Webページ( https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/service/denwa/ )から行います。

[無料版(体験)1回]
・プログラミングってなに?
・どんな動きができるかやってみよう
・問題にチャレンジ!
・オリジナルな動きを作ろう

[有料版(実践)6回]
1)モーターを動かす・ライトをつける(embotの組み立て)
2)プログラミングの基礎(基本操作でembotを動かす)
3)順次処理(function)について
4)反復処理(for)について
5)条件分岐処理(if)について
6)時計とジャイロセンサー

一方、オンラインにおけるサポートも拡充し、料金プラン変更などのWeb手続きのチャットサポートを受付時間を24時まで延長させるなど充実させ、利用状況に基づいた最適な料金プランのシミュレーションを行って、そのまま申込ができるようになるほか、ドコモオンラインショップにおいても端末購入のステップを簡略化して注文手続きページを半分にして時間短縮を行っているとのこと。さらに11月5日(火)からは東京23区限定ながら最短で注文当日にお届けする当日配送も提供開始する予定だということです。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・報道発表資料 : (お知らせ)ドコモショップにおけるお客さまサポートの強化 | お知らせ | NTTドコモ
・説明会資料 | 企業情報 | NTTドコモ

(引用元:livedoor news)