Apple、開発者向けイベント「WWDC 2019」を6月3~7日にサンノゼで開催!iPhoneなど向け次期プラットフォ…

0

Appleが開発者向けイベント「WWDC 2019」を6月3〜7日に実施!


ppleは13日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2019(WWDC 2019)」をアメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2019年6月3日(月)から6月7日(金)まで開催すると発表しています。

参加するには抽選となっており、抽選申込は公式Webページ( https://developer.apple.com/wwdc19/register/ )にてすでに始まっており、現地時間(PDT)では3月20日(水)17時まで、日本時間(JST)では3月21日(木)9時までで、当選後チケットを購入する流れとなります。チケットの価格は1599ドル(約179,000円)。

例年通りなら初日の6月3日に基調講演が実施され、iPhoneやiPadなど向けの「iOS 13」やパソコン向け「macOS 10.15」、「watchOS 6」、「tvOS 13」(ともにバージョン番号は仮)などを含めた次期プラットフォームが発表されると見られます。

なお、基調講演についても通例ならiOSやmacOSのWebブラウザー「Safari」、Apple TV、Windows 10のWebブラウザー「Microsoft Edge」などのほか、専用アプリでもライブ中継が実施される見込み。


過去のWWDCの様子。エンジニアなら一度は参加してみたいイベントのひとつ

今年で30回目を迎えるWWDCですが、昨年と同様にMcEnery Convention Centerで、WWDCの公式WebページではWWDC 2019に向けて「This is not an invitation. It‘s a challenge. This is your chance to join thousands of coders, creators, and crazy ones this summer to do the insanely great.」というメッセージが添えられています。

これは「これは招待状ではありません。挑戦です。この夏、何千人ものプログラマーやクリエイター、そしてクレイジーな人と一緒になってめちゃくちゃ素晴らしいことをするチャンスです。」といった内容で、人の頭の中にさまざまなアイデアがあることを示す絵が描かれています。

WWDCではここ数年は毎年、iPhoneやMacなど向けのプラットフォーム「[[iOS]]」や「[[macOS]]」などの最新版が発表されており、昨年は「iOS 12」や「macOS 10.14 Mojave」などが発表されていました。今年も同様に各プラットフォームの最新バージョンが発表されるほか、100以上のセッションが予定されています。

年を追うごとに各プラットフォームの進化も少なくなってきてはいますが、これらの内容から秋(恐らく9月)に発表されるであろう次期スマホ「iPhone XI」(仮称)などの新製品の一端が垣間見えるため、非常に楽しみなイベントとなっています。


アプリ名:WWDC
価格:無料
カテゴリー:辞書/事典/その他
開発者:Apple
バージョン:7.1
互換性:iOS 11.2以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。 Apple TV.
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id640199958?mt=8


記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・WWDC 関連記事一覧 – S-MAX
・Apple、開発者向けイベント「WWDC 2018」を6月4〜8日にサンノゼで開催!iPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 12」などを発表へ。チケット抽選申込も開始 – S-MAX
・Apple to host annual Worldwide Developers Conference June 3-7 in San Jose  – Apple
・WWDC19 – Apple Developer

(引用元:livedoor news)