いよいよ日本時間6月5日2時から!Appleが開発者向けイベント「WWDC 2018」の基調講演を実施。iPhoneなど…

20

WWDC 2018 Keynoteは本時間6月5日2時から!いよいよ今夜


既報通り、Appleがアメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」にて現地時間(PDT)の2018年6月4日(月)から6月8日(金)まで開発者向けイベント「WWDC 2018(Worldwide Developers Conference 2018)」を開催します。

またWWDC 2018の開会に合わせて基調講演「WWDC 2018 Keynote」を初日6月4日10時から12時までHall 2で実施し、公式Webページ( https://developer.apple.com/wwdc/ )にてインターネット経由によるライブ中継も行われます。日本時間(JST)では6月5日(火)2時からとなっており、いよいよ間近となりました。

視聴可能環境はiOS 10以降のiPhoneおよびiPad、iPod touchのSafari、macOS Sierra 10.12以降のSafari、第2世代以降のApple TV(AirPlay経由)、Windows 10のMicrosoft Edge、その他にも非推奨ながらMedia Source Extensions(MSE)やH.264(動画)およびAAC(音声)に対応したWebブラウザーとなっています。


昨年のWWDC 2017にてiOS 11を発表した同社CEOのTim Cook氏

WWDCは今年で29回目を迎え、場所は昨年と同じくMcEnery Convention Centerで、公式Webページでは「技術が創造性につながると、信じられないほどのアイデアが生まれます。今年の夏、私たちは世界中の何千もの才能あふれる人々を招き、彼らのアイデアを現実に変えます。」というメッセージが記載されています。

また電源プラグやプラス・マイナスボタンなどいろいろなアイコンモチーフが描かれており、Appleのエンジニアが実施する100以上のセッションが予定されており、それぞれが視聴できるほか、現地の参加者には1対1のガイダンスを受けられたりします。

例年通りなら基調講演にてiPhoneやiPadなど向けの「iOS 12」やパソコン向け「macOS 10.14」、「watchOS 5」、「tvOS 12」(ともにバージョン番号は仮)などを含めた次期プラットフォームが発表されると見られ、その他、場合によってはハードウェアの新製品も発表されるかもしれません。

直前の噂では今年はハードウェアの新製品はない、もしくは少ないのではないかとも言われてますが、一方で小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」の後継機種「iPhone SE2」(仮称)が6月15日に発売されるといった話もあり、いまったくわかりませんが楽しみにしたいところです。

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.