高速CPUと最新外部グラフィックスでビジネスでもプライベートでも快適に使える15.6型ノートパソコン

0

マウスコンピューターは、高性能CPU「Core i7 プロセッサー」と最新世代グラフィックス「GeForce MX150」を搭載した15.6型ノートパソコン「m-Book Kシリーズ」を2017年11月21日(火)午前11時より発売する。価格は9万9,800円から(税別)。

本製品は、4コア8スレッドに対応する高速CPU「インテル Core i7-7700HQ プロセッサー」と、モバイル環境に最適化された最新の「GeForce MX 150」を採用することで、消費電力を抑え、従来モデルを超えるグラフィックス性能を発揮する。一般的なオフィスソフトウェア処理や、画像加工など、ビジネスでもプライベートでも快適に使える機能性と、豊富なI/Oポートやオリジナルユーティリティなど使いやすさも実現した製品だ。

500GBハードディスク、8GBメモリを搭載する「m-Book K686BN」は99,800円(税別)から、さらに快適さをアップさせる大容量メモリや、高速アクセスに対応するSSDを採用する幅広いラインアップをそろえて、マウスコンピューターWebサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップにて発売される。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■パソコンに関連した記事を読む
・日本エイサー、第8世代Coreプロセッサー搭載で液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズを発売
・「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

(引用元:livedoor news)