UVカット97%「冷感マスク」が再販!ポケモンGO究極ツール「ポケットオートキャッチ2」

0

メイドイン福島は、累計20万枚以上売れた「冷感マスク」を再販した。価格は、1枚1000円(税込)。なくなり次第終了。販売方法はネット販売のみ、全て代引き。ゲーム貿易は、Brook Accessory社製「ポケモンGO用ポケットオートキャッチ2」を2ヶ月ぶりに再発売した。「ポケットオートキャッチ2」はスマートフォンなしで簡単・手軽にポケモンやアイテムを自動的にゲットできるアイテムだ。

■メイドイン福島の「冷感マスク」が再販! ひんやり冷感、UVカット97%、洗える
メイドイン福島は、累計20万枚以上売れた「冷感マスク」を再販した。価格は、1枚1000円(税込)。なくなり次第終了。販売方法はネット販売のみ、全て代引き。メイドイン福島の冷感マスクは、福島で一番売れた福島プライドのマスクだ。
機能は、・冷たい(接触冷感:移動熱量0.297)・蒸れにくい(65分で布が乾く速乾性)・UVカット(紫外線を97.7%カット)・何度も洗える(20回以上の洗濯実績)※第三機関の日本の企業(ニッセンケン品質評価センター)により性能検査済み

■ポケモンGO究極ツール、「ポケットオートキャッチ2」がAmazonで再発売
ゲーム貿易は、Brook Accessory社製「ポケモンGO用ポケットオートキャッチ2」を2ヶ月ぶりに再発売した。「ポケットオートキャッチ2」はスマートフォンなしで簡単・手軽にポケモンやアイテムを自動的にゲットできるアイテムだ。色違いポケモンも捕獲できる。バイブレーションや画面のアイコンでステータスを確認可能で、「ながらスマホ」罰則の大幅強化により、今後の「ポケモンGO」活動の必須のツールとして話題を呼んでいる。

■携帯できるUV除菌「スマホ&マスクショルダーポーチ」
サンコーは、携帯できるUV除菌「スマホ&マスクショルダーポーチ」を発売した。価格は、2,980円(税込)。携帯できるUV除菌「スマホ&マスクショルダーポーチ」はUVランプを搭載し、紫外線で中に入れた物を除菌することができるポーチだ。本体サイズは幅115×高さ190×奥行き25mm。本体のUSBケーブルをモバイルバッテリーに接続して使用する。ポケット内部にUVランプを搭載し、マスクやスマホなど中に入れたものを紫外線で照射し除菌できる。90秒の照射で黄色ブドウ球菌を99.9%除菌(※)。※第三者機関による試験結果

■羽生結弦選手デザインボトル、「キシリトールガム<グレープ>ファミリーボトル」を発売
ロッテはキシリトールガムシリーズから羽生選手デザインの「キシリトールガム<グレープ>ファミリーボトル」を発売した。価格はオープンプライス。リラックスした表情の羽生選手が楽しめる、ロッテオリジナルの7月〜8月期間限定デザインとなっている。キシリトールガム<グレープ>は清涼感を抑えたグレープフレーバーで、ミントが苦手な人でも楽しめる。

■野菜や乾物などを撮影、写真展「食菜達の表情」を開催【Art Gallery M84】
Art Gallery M84は写真展「食菜達の表情」を2020年8月10日より開催する。今回の作品展は、Art Gallery M84の第98回目の展示として実施する個展だ。写真展「食菜達の表情」は、ギャラリーを設立してから通勤途中で立ち寄った築地や八百屋さんに並んでいる野菜や乾物などを撮影した写真である。農家に育ったが野菜を観察することも、売られているところをまじまじと見たことも無かった。調理されてお皿に盛られるとどんな色や形だったのか思い出せないこともある。

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■モバイルに関連した記事を読む
・携帯できるUV除菌「スマホ&マスクショルダーポーチ」
・紛失物防止タグに新モデル 電池交換できる「MAMORIO RE」
・iPhoneを除菌できる、Qi対応ワイヤレス充電器
・山手線駅の混雑を予測するアプリ、JR東日本「山手線内 駅混雑予測情報」を発表
・重さはわずか186g!動画の手ブレを防げるポケットサイズのスマホ用ジンバル「Vimble ONE」

(引用元:livedoor news)