創建520年の歴史ある宿坊で“能”の魅力を体験!山梨・南巨摩郡身延町の行学院 覚林坊で「おてらdeらいぶ …

0

「能へのいざない」実行委員会2019は、2019年12月7日(土)、山梨・南巨摩郡の行学院 覚林坊で能楽セミナーや「菊慈童」の鑑賞などが体験できるイベント「おてらdeらいぶ 能へのいざない」を実施する。お囃子体験やゆば料理なども楽しめる各種チケットの販売を10月1日(火)より開始した。

■創建520年の由緒ある宿坊で能楽セミナーや演目の鑑賞、お囃子体験、ゆば料理などが楽しめるイベントを開催!
12月7日(土)、山梨・南巨摩郡の行学院 覚林坊で実施する「おてらdeらいぶ 能へのいざない」は、SS・S・Aの3種類のチケットによって能楽セミナーや演目「菊慈童」鑑賞のほか、お囃子体験や宿坊名物のゆば料理が楽しめるイベントだ。

2017年9月に第1回を開催し、今年で3回目となる「おてらdeらいぶ 能へのいざない」のおもな特徴や魅力は次のとおり。

1.創建520年の歴史ある宿坊で能が楽しめる
通常、能楽堂か神社の敷地で行われる能(薪能)を、創建520年の由緒ある宿坊で体験することができる。出演する能楽師が演目を説明し、能の魅力を語るセミナーも行われる。

2.選ぶチケットによってお囃子体験や宿坊名物のゆば料理が楽しめる
能楽セミナー、演目「菊慈童」の鑑賞はすべてのチケット共通。Sチケットでは宿坊名物のゆば料理のほか、地元・山梨の酒造による無料テイスティングが楽しめる。さらにSSチケットでは笛、小鼓、大鼓、太鼓などのお囃子方から手ほどきが受けられるお囃子体験がついている。

能を通して日本文化に触れてみたい方、初めて能を体験する方はもちろん、日ごろから能の舞台に親しんでいる方にも、歴史ある宿坊で演者の息づかいを感じながら、能の神髄と醍醐味を心ゆくまで堪能いただける特別なイベントとなっている。

■12月7日(土)開催! 「おてらdeらいぶ 能へのいざない」実施概要
実施日:12月7日(土)
会場:行学院 覚林坊(〒409-2524 山梨県南巨摩郡身延町身延3510)
アクセス:JR身延線「身延」駅から山梨交通バス「身延山」バス停から徒歩約10分、国道52号線「身延バイパス」小田船原から車で約7分
予定している内容と時間
1.昼の部:お囃子体験(午前10時〜)、覚林坊の名物ゆば料理(午前11時30分〜)、能楽セミナー・演目説明など(午後12時40分〜)、実演「菊慈童」鑑賞(午後1時30分〜)*午後2時終了予定
2.夜の部:お囃子体験(午後3時30分〜)、覚林坊のお食事コース(午後5時〜)、能楽セミナー・演目説明など(午後6時10分〜)、実演「菊慈童」鑑賞(午後7時〜)*午後7時終了予定
チケットの種類と価格
1.SSチケット(お囃子体験、覚林坊名物ゆば料理、能楽セミナー・演目説明など、演目「菊慈童」鑑賞):15,000円(税込、昼の部)、17,000円(税込、夜の部)
2.Sチケット(覚林坊名物ゆば料理、能楽セミナー・演目説明など、演目「菊慈童」鑑賞):13,000円(税込、昼の部)、15,000円(税込、夜の部)
3.Aチケット(能楽セミナー・演目説明など、演目「菊慈童」鑑賞):8,000円(税込、昼の部)、9,000円(税込、夜の部)
協力:宗教法人覚林坊、佐久間二郎(観世流能楽師)、フォネットグループ
主催:「能へのいざない」実行委員会2019


■おてらdeらいぶ 能へのいざない

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」本大会スケジュールが確定!
・SNKが「NEOGEO Arcade Stick Pro」を2019年秋発売!現在予約受付中!
・渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは『アッコちゃんとイトイ。』矢野顕子さんのミニライブも開催
・串をセットするだけで自動で回転しておいしく焼き上げる焼き鳥に鉄板焼き肉が同時に楽しめる『自動回転焼き鳥&焼肉プレート『焼き物大将』』
・10月12日よりGinza Sony Parkで『#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK』を開催

(引用元:livedoor news)