J:COM、ホームIoTサービス「J:COM HOME」の提供を開始

0

ジュピターテレコム(J:COM)は、2019年6月27日(木)から順次、ホームIoTサービス「J:COM HOME」の提供を開始すると発表した。

本サービスは、外出先から、ドアや窓の開閉確認や玄関の戸締りを確認できる「見守りパック」と、スマートスピーカーを使ってテレビをはじめとする家電の音声操作や、外出先からの家電操作を可能にする「家電パック」を中心に提供する。

同社は、ユーザーのライフスタイルに合わせて、パックとオプションを選ぶことで、さまざまなサービスが受けられるとしている。例えば「見守りパック」にオプションの赤外線リモコンを追加することで、音声で家電操作ができるようになるといった具合だ。

「J:COM HOME」を契約したユーザーには、本サービスの利用に必要な端末の設置・設定、ID登録などが含まれるサポートサービスを提供する。「J:COM HOME」は多チャンネル放送サービス「J:COM TV」やインタ-ネット接続サービス「J:COM NET」などとセットで提供するサービスで、月額利用料金は1,480円(税抜)となっている。



■プレスリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■ITビジネスに関連した記事を読む
・未経験でも1か月でエンジニアになれる!無料プログラミングスクール「みんスク 秋葉原校」を開校
・東急電鉄とソフトバンク、大井町線に4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラを試験導入
・税込み2万円以下で弁護士による退職代行が頼める!ITJ法律事務所が退職代行サービス価格を改定!
・注目度向上中!手軽に動画広告を自動生成できるサービス「RICHKA」を展開するカクテルメイクが2.1億円の資金調達を実施
・自分の遺伝子を人のために役立てることが可能に! GHCが企業への遺伝子提供プラットフォームを開発

(引用元:livedoor news)