日産自動車、運転席の「死角」に置かれた作品を鑑賞できる「#死角アート BLIND SPOT ART 」を展示

20

日産自動車は、2018年4月26日(木)〜5月6日(日)の11日間、ドライバーの死角に置かれたワイヤーアートが車両周辺確認技術「インテリジェント アラウンドビューモニター」を通してみることにより、本来の正しい造形を現す、「#死角アート BLIND SPOT ART」を展示する。それに伴い、ムービーも公開した。

「#死角アート」は運転席からは死角で見えなくなる位置に置かれたワイヤーアートをインテリジェント アラウンドビューモニター技術の真上から見ているような映像により角度が変わることでワイヤーアートの造形の変化を楽しむことができる。

駐車場から発車する時、飛び出してきた子どもにヒヤリとするなど、どれほど注意深く周囲に気を配っていても、クルマには「死角」が存在する。今回、日産自動車はクルマの真横や斜め後ろなど、運転席には死角があることを再認識してもらうために、それを補う「インテリジェント アラウンドビューモニター」技術の安全性を体感できる技術アート「#死角アート」を開発した。

今回、実際に展示される作品は、角度によって見え方の変わる錯視的造形を得意としている作家の武藤裕志武藤裕志氏協力のもと実現した。インテリジェントアラウンドビューモニターを通して見るワイヤーアート作品を楽しんでみてはいかがだろうか。

■開催概要
展示日時:2018年4月26日〜5月6日(日)10:00〜20:00
展示場所:日産グローバル本社ギャラリー (神奈川県横浜市西区高島1-1-1)

■日産自動車

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・ソニー・エクスプローラサイエンスで「第3回 わぉ!な生きものフォトコンテスト」写真展を開催
・「LINE:ディズニー ツムツム」で緊急発表!?4月24日にLINE LIVEで生配信決定!
・東京メトロ×「BOSS」“勤続25年”の元銀座線車両がつなぐ熊本電鉄&東京メトロ社員の同期会
・サードウェーブ、2週間で3万円の「Unreal Engine 4」で覚える「モバイルVR/ARコース」を開講
・ハースストーン 新カードパック「妖の森ウィッチウッド」発表会を開催

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.