「これで誰でもセンターになれる!」推しメンの声が際立つ、新しい音楽視聴体験「音のVR」を初体験

20

KDDI、KDDI総合研究所は「音のVR×ハロー!プロジェクト お披露目説明会」を2018年3月14日(水)に開催した。

今回披露した「音のVR」は、360度映像と音に対し、視聴者の見たい・聞きたい部分に、自由自在にズームできる、音と映像が体感的に合致したインタラクティブ視聴技術だ。

当日はモーニング娘。‘18 が春らしい装いで登場。イベント直前に撮影した「音のVR」について聞かれたメンバーは「自分がその場にいるような感覚を楽しめるコンテンツ!(飯窪)」「VR は今まであったけど『音のVR』は初めての体験でした。一人一人の声が聴けるということなので、音程とか大丈夫かな……(笑)。ただ自分達らしいものが出来たと思います。新時代の技術を使った動画なので、ある意味この作品が伝説的になるんじゃないかなと思います(譜久村)」、「お話しを聞いて5Gすごい!みんなが快適に過ごせる時代がそのうち来るんだ!と思いました。5Gや『音のVR』とか、この世の中どれだけ住みやすい世界になっちゃうんだろうと思いました!(生田)」、「テスト体験しましたが、周りの音が消えるわけじゃなくて、聞きたい音による感覚で本当にそこにいる感覚でした!(小田)」と「音のVR」のすごさを口々にしていた。

イベントでは実際に直前に撮影した映像を使って、譜久村、飯窪、加賀が『音のVR』の体験デモンストレーションが行われた。映像はメンバー全員が「I WISH」を歌っている中、譜久村、飯窪、加賀が手紙を読んでいるという内容。手紙を読んでいる譜久村にズームアップすると、譜久村の声が会場内に際立っていた。

譜久村は「めっちゃ恥ずかしいですね!」と照れ笑いを見せた。体験後感想を聞かれた加賀は「撮影中、譜久村さんの手紙を読んでいるのを聞いて泣いてしまったんです。その感動の内容を際立って聞くことが出来てよかったです。」と撮影中の秘話を話した。

また飯窪は「ズームをしたときに、他のメンバーの声もいい感じで入っていましたね。あっ!自分がセンターになれるんだ!と思いました(笑)。これだと何回でも楽しめますね。『モーニング娘。』は13 人いるので少なくても13回は楽しめます!(笑)」と話した。

そして最後に譜久村が「ファンの皆様とつながる、5G 時代が楽しみです!」とイベントを締めくくった。

■au

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■モバイルに関連した記事を読む
・屋根の状態をドローンで確認して様々な問題を解決!「日本屋根ドローン協会」が発足
・スマホ画面で確認しながら耳掃除できる「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」
・妊婦さんの不安を解消!正しい情報がタイムリーに得られる医師監修アプリ「Baby+」
・サーティワン アイスクリームがソフトバンクとのコラボフレーバーを期間限定で販売
・北陸新幹線トンネル内において携帯電話のサービスエリアが拡大

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.