酒井法子のアジアでの劣らぬ人気ぶり…中国人にとって「理想の顔」

0

18日放送の「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)で、タレント・酒井法子の現在も続くアジアでの人気ぶりが明らかとなった。

番組では、「日本で失敗したオンナ・酒井法子が海外で『怪物級美魔女』として大人気」と題し酒井の現状を取り上げた。

酒井は現在も、韓国でディナーショーを行えば150万円から200万円ほどのギャラが発生し、来年1月に香港で開催するコンサートにおいては発売3日でチケットが完売したというのだ。

井上公造氏によると、アジアでの活躍については「元々、中国とかで人気があった」そうだ。また、日本の地上波では起用しづらい事情が酒井自身にあっても、海外では関係ないようで「そういう意味でいろいろな仕事がきている」と解説していた。

酒井は、覚せい剤取締法違反の罪で、2009年に懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を受けている。

元週刊文春記者の中村竜太郎氏も、「とにかく中国では圧倒的な人気がある」と酒井の人気ぶりを認める。理由は、中国人にとって「(酒井が)理想的な顔」「美人の典型」なのだとか。

続けて、かつて酒井のドラマを見ていた世代だけでなく、最近の若い世代からも「彼女は魅力的らしい」と、幅広い世代のファンがいることを紹介。酒井の人気の理由がわかると、スタジオには驚きと納得の声が広がっていた。

【関連記事】
・酒井法子がマスコミの張り込み事情を告白「平穏無事にやっております」
・坂上忍 「のりピー」めぐる芸能記者の矛盾に苦言「すげぇゲスっぷり」
・酒井法子の芸能界復帰に松嶋尚美が本音「親を介護してほしくない」

(引用元:livedoor news)