「オフを大事にしなきゃいけない」マツコ・デラックスが仕事の満足度向上に意見

0

3日放送の「NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」(NHK総合)で、タレントのマツコ・デラックスが、仕事の満足度向上について自身の意見を述べた。

番組では「働き方」をテーマに、NHK開発の社会問題解決型AI・ひろしが導き出した分析結果を元に提言を出し、司会のマツコと有働由美子アナウンサーや識者が討論した。この日は、「長時間労働」「生産性」などについて話し合った。

番組の後半、話題が「仕事に対する満足度」に移ると、東京大学の坂田一郎教授は現代においてプライベートと仕事の境目がますますなくなってきていると指摘。その上で坂田教授は、自ら行動を選ぶ重要性を説いた。

マツコは坂田教授に同意し「仕事で満足度を得るために、オフの時間が大事なんだなって、(番組を通して)すごく分かった」とコメント。さらにマツコは、自身と有働アナを“仕事人間”と称し「私たちはオフを大事にしなきゃいけない。『仕事しかない、私たちは!』って言っているのに、全然満足していないんだよ。餓鬼みたいなもの」と分析したのだ。「もっとトータルで考えなきゃダメなのね」と反省する様子を見せる。

また番組の最後、マツコは「ある意味『生きる』っていうのは『働く』こと。働き方を改革するとか考えるのは『生きるのはなんぞや』って問いかけているのと一緒」「『人間とはなんぞや』って質問しているのと、ほぼ変わらない。働き方は難しい、本当に!」と総括していた。

【関連記事】
・「肝臓のひとつもつぶさないと」スパルタ入社研修の容認派の言い分
・「裁量労働制」の実態…編プロ社員の残業が月100時間超でも手当は約4万円
・「若干イライラしてきてる」松本人志がネットカフェ難民にいら立ち

(引用元:livedoor news)