浜田雅功が黒柳徹子の司会ぶりをバッサリ「どうせ、ひとりで喋ってるだけ」

20

9日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、ダウンタウン・浜田雅功が、タレント・黒柳徹子との共演を振り返り、黒柳の司会ぶりを切り捨てた。

「本音でハシゴ酒」の企画では、ダウンタウンやタレントの坂上忍らが、東京・大森の盛り場で、ゲストのモデル・滝沢カレンと本音トークを繰り広げていた。

この中で滝沢が事前アンケートで、「『ライバル』だと思う有名人はいますか?」との質問に、「ライバルではないですが、憧れているのは黒柳徹子さん」と回答したことが紹介される。滝沢はおばあちゃん子だったそうで、祖母が好んで見ていたテレビ番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演することが夢だとも明かした。

滝沢の夢にはダウンタウンが、滝沢と黒柳のトークがかみ合わないという意見で一致。ここで坂上が「黒柳さんは(滝沢の出演に)OKを出すんですかね?」と疑問を口にすると、浜田は「まあ、出すんじゃない?」と答える。

過去にダウンタウンは「徹子の部屋」に出演しており、浜田が「どうせ、(黒柳が)ひとりで喋ってるだけやもん!」と毒舌を放ち、場が一瞬、凍りつきながらも笑いが起きる。黒柳の司会ぶりを「(ゲストから話を引き出すのとは)違うんです! テーブルいっぱいの我々の資料があって…」と、出演時の状況を浜田は説明したのだ。

浜田は、資料を一気に読みあさる黒柳の口調をマネながら「『あなたたちは、このとき、こうしてこうしてこうして…こうしたんですよねー?』って、言われたら…」と、「徹子の部屋」の雰囲気を紹介。ここですかさず、相方の松本人志も一緒に「『はい』…って言うしかない」と声をそろえる。

松本も続き、「あの頃は特にひどかった」「テーブルに般若心経みたいに(自分たちの情報が)書いてある」と補足し、共演者の笑いを誘っていた。

【関連記事】
・浜田雅功がツッコミとして″一番恥ずかしい状況″を告白
・黒柳徹子 「ザ・ベストテン」で飛び出した差別発言に抗議したことを振り返る
・「徹子の部屋」終了直前の直球質問に嵐・二宮和也も驚愕「残り20秒で急にですか!?」

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.