「あたしおかあさんだから」の作詞担当のぶみ氏 歌詞の書き直しに意欲

20

7日から8日にかけて、絵本作家・のぶみ氏が、自身のTwitterアカウントで「あたしおかあさんだから」への批判に対し、反省の気持ちや釈明などを連投した。

のぶみ氏が作詞を手がけた楽曲「あたしおかあさんだから」は、「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)で「うたのお兄さん」を2017年4月まで務めた横山だいすけが歌唱を担当している。横山の冠番組「だい!だい!だいすけおにいさん!!」(Hulu)で、「あたしおかあさんだから」を放送したところ「子どもを育てる母親の自己犠牲を美化している」などと、歌詞に対する批判が集まった。

のぶみ氏は「僕が足りなかったのは 僕は、違った意図で 書いてるけど 違う受け取り方をした人に 寄り添うことだったんだ」「きっとここで何度 説明しても いろんな場所で 怒ってる人には、会うと思う その時は出来るだけ その人の気持ちに寄り添って ごめんなさいしよう」と、改めて謝罪の気持ちをつづっている。

その上で、「手遅れかもしれないけど チャンスがあれば歌詞を もう一度おかあさんたちに なにがダメだったか聞いて 書き直したい!」「もう一度だけチャンス もらえたら嬉しいです」と、歌詞の修正に意欲を見せている。

【関連記事】
・「どうしようもない不公平感」にモヤモヤ…夫婦それぞれの飲み会格差に反響
・「あたし おかあさんだから」の歌詞への批判 倉田真由美氏も同意見
・免許センターの気遣いに1歳娘を連れた母親が涙「未来の優良ドライバー」

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.