「恩を返すとき」古坂大魔王が台湾北東部の地震に日本からの支援を訴え

20

7日、お笑いタレントの古坂大魔王が、自身のTwitterアカウントで、台湾北東部で発生した地震について、日本から速やかな支援をするよう訴えた。

日本時間で7日午前0時50分ごろ、台湾北東部・花蓮県でマグニチュード6.0と推定される地震が発生した。この地震を受け、古坂は同日2時9分に安否を気遣う投稿をした。

さらに古坂は、別のツイートで、「日本よ…今こそ…恩を返す時ではないか??」「3.11の時…義援金200億円だぞ」と、東日本大震災で台湾から届けられたといわれている義援金にも触れつつ、その時の恩返しをするべきではないかと訴えている。

また「勿論…要請を待ち、必要だと判断したらで良い」と前置きした上で「即座に対応してほしい」「迅速な対応をしてほしい」と、日本からの支援を急ぐようを繰り返し主張している。

なお、ピコ太郎は2016年に初めて海外でのステージに立ったのが、台湾・台北だった。

【関連記事】
・緊急地震速報時の保育士の対応に感動 園児に覆いかぶさり保護
・「成功ってなかった」…古坂大魔王がピコ太郎プロデュースで参考にした存在
・春日俊彰のギャグ「トゥース!」が台湾でウケない理由…とんでもない悪口に

(引用元:livedoor news)