「想像以上に繊細な子」共演者が感じていたmisonoのテレビには映らない一面

20

6日、タレントのフィフィが、自身のTwitterアカウントで、歌手・misonoの意外な一面を明かした。

misonoは5日、自身の公式ブログで「終止符=通過点(4)」と題した記事を投稿している。その中で「『自分は“右往左往&浮き沈み”してしまう人間』だから、皆様の言う通り『バラエティーには出ない方がいい』っていう意見を、取り入れてみて…実行してみる事にしました」「よって今までみたくmisonoが自ら『この番組に出たい』と、アプローチする事はないです』と、バラエティー番組の卒業を宣言した。

これを受けて、アメーバニュースが「misono、バラエティーからの卒業を宣言『もうコレ以上は、叩かれたくない』」との記事で報じており、フィフィは記事を引用しつつツイートした。

ツイートによると「バイキング」(フジテレビ系)で共演した際に、misonoは発言するごとに「これで良かったのかな」と、フィフィに問いかけてきていたという。それほどまでに「世間の反応を気にしていた」ため、「想像以上に繊細な子」だと、フィフィの目には映っていたようだ。

【関連ページ】
・misono/Me(misonoの妹分)Official Blog「miso脳☆misoKnoW」

【関連記事】
・浜田雅功の黒塗り 批判する人に疑問「優劣を付けて人種を見てる」
・フィフィが理事選に落選した貴乃花親方に見解「プライドを保てた」
・「酔ってませんか?」フィフィが会見中の豊原功補の言動に疑問

(引用元:livedoor news)