「何を言われても楽しいなって思う」笑福亭鶴瓶が明かす中居正広の優しさ

20

30日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)で、落語家・笑福亭鶴瓶が、タレント・中居正広に寄せる思い明かした。

番組では、落語家の春風亭小朝がゲスト出演し、故・美空ひばりさんや故・立川談志さんとの逸話や、AKB48に対する思いなどを熱弁した。

そんな中、鶴瓶が中居とMCを務める「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に小朝が出演した際の話になると、小朝は「中居さんはいいですね」と漏らした。

中居が鶴瓶のことを「転がし」、鶴瓶がそれに応え「遊んであげている」と、二人のやり取りを分析する小朝は、「あれも結構楽しいでしょ?」と鶴瓶に尋ねた。鶴瓶が「まぁそうやね。お互いがものすごい信頼関係あるから」と答えると、小朝は「無礼じゃないし、礼儀正しいからいいですよね」と、中居の人となりを高く評価した。

鶴瓶は「俺ボロカスに言うたるけどね、向こうにもボロカスに言われるけど」と語る一方「でも優しいですよ、すごい優しい」「何を言われても楽しいなって思います」と、中居に対する思いを打ち明けたのだ。

さらに鶴瓶は、小朝に「そんな人いないでしょ? お兄さんにボロカス言う人いないやん」と問いかける。「一番言ったのは談志師匠でしょうね」と、小朝にとっては談志さんが腹を割って話し合える相手だったとして、これには鶴瓶も「談志師匠はほんと仲良かったもんね」と、納得の様子だった。

【関連記事】
・故・立川談志さんが最後の入院生活で一番楽しみにしていた見舞客
・笑福亭鶴瓶が緒形拳さんの“ハートをキャッチ”するために取った行動
・笑福亭鶴瓶が他番組で「A-Studio」のパロディー…スタジオからは称賛の声

(引用元:livedoor news)