不動産の物件選びで得する言葉…営業担当者の士気がより向上することも

20

25日放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」(テレビ朝日系)で、不動産会社がより親身になって物件を探すという言葉が紹介された。

番組では「不動産屋さんが親身になってくれるかもしれない魔法の言葉」が出題された。正解は「いろんな人に聞いたらここ(この店)の名前が出てきました」といものだった。

株式会社西原不動産鑑定の不動産鑑定士・西原稔子氏によると、不動産会社は「人のつながりを重んじる商売」なのだとか。評判を聞きつけたと言われると、営業担当は「どこかでつながっている方が紹介してくれたのかもしれない」「評判を聞きつけてわざわざ来店してくれた」と受け取るので、「よりやる気が出てきて親身に対応しようと心掛けますね」と説明した。

すると、お笑いタレントの伊集院光が「(この客を)ないがしろにしちゃうと、いろんな人にその評判いっちゃうとも思わせる」と指摘。さらにMCのくりぃむしちゅー・上田晋也は「この人に、まぁいい物件とか紹介すれば、またこの人がうちをね、紹介してくれるんじゃないかというのもきっとあるでしょうしね」と補足していた。

【関連記事】
・救急車をすぐ呼ぶため「絶対に必要な言葉」…救急関係者が断言
・伊集院光が唯一保有する資格・免許とその意外な取得理由
・「クソまずい」くりぃむしちゅー・上田晋也が「パンを焼いてくる女」に痛烈

ソース:がらぽん00:42:20〜00:45:08

時間指定が細かくて助かりました。ありがとうございました。

※「〜屋」を避けるという表記の法則に従って、CHINTAIやHOME’Sと同じ「不動産会社」にしています。
https://www.google.co.jp/search?client=safari&rls=en&q=%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E5%B1%8B&ie=UTF-8&oe=UTF-8&gfe_rd=cr&dcr=0&ei=EYNqWsixLq7f8AeFs5jwBg

(引用元:livedoor news)