「全然顔違うから!」有吉弘行が元共演者の変貌ぶりに驚愕

20

19日深夜放送の「有吉ジャポン」(TBS系)で、お笑いタレントの有吉弘行が、かつての番組共演者の変わり様に驚いた。

番組では、激辛ブームで急増中の「辛活女子(からかつじょし)」の実態を調査した。辛活とは、辛い食べ物に挑戦し、辛さを乗り越える強い心を養う活動だという。登場した辛活女子は“激辛の聖地”のラーメン店「蒙古タンメン中本」で一番辛いとされる冷し味噌ラーメンの辛さ5倍に一味唐辛子を大量に追加したり、ショートケーキにタバスコをかけたりして食べる様子が放送された。

有吉は、VTRを見ながら「いるよなー、こういう子」とコメントしていると、ナレーションで「有吉さん、この激辛美女の顔に見覚えがありませんか?」との質問が入る。この女性はグラビアアイドルの渋沢一葉で、有吉がかつてMCを務めていた深夜のアイドル番組に出演していたのだ。

当時の有吉の無茶ぶりはかなりのものだったようで、渋沢は「業務用の掃除機でアゴを吸われたりとか、家の中で七輪でサンマを焼かれたりとか」と告白。VTR終了後、有吉は渋沢について「気付かなかった、全然顔違うから!」とコメントし、千鳥・ノブから「ハッキリ言わない!」とツッコミを受ける。

有吉は続けて「全然気付かなかったけど知ってる知ってる。面白い子だったんですよ、すごく」と紹介。渋沢が辛活女子として活動していることに「すごいね、いろんな方法があるね、芸能界生きていく方法はね」と感心した様子を見せていた。

【関連記事】
・有吉弘行が連絡先交換を拒否…千鳥・ノブに事務所の仲介を提案
・有吉弘行 多岐に活躍する芸人に持論「角が立たないように仕事をする」
・SNSでのネタバレを気にする声 マツコ&有吉が共感しないワケ

(引用元:livedoor news)