「臆病かつ姑息」乙武洋匡氏がメディアの曖昧な表現を批判

20

17日、作家の乙武洋匡氏が自身のTwitterアカウントで、メディアが用いる「物議を醸しそうだ」という表現について、自身の考えを明かした。

乙武氏は、まず「メディアの『物議を醸しそうだ』という表現が嫌い」と断言。その上で「事実の提示に徹するならそんな一文はいらないし、言いたいことがあるなら覚悟を持って主張すればいい」と、煮え切らないメディアの姿勢を指摘する。

さらに、メディアが曖昧な表現を用いることは「導火線に火をつけておいて、みずからは安全な場所でほくそ笑んでいる」と続け、「臆病かつ姑息(こそく)な態度」と痛烈な批判をしていた。

【関連記事】
・「一生忘れない」乙武洋匡氏が父親の葬儀で目撃した報道陣の非礼を暴露
・「本当に卑怯だと思う」乙武洋匡氏が自虐を交えてメディア批判
・乙武洋匡氏 渡辺謙の不倫騒動をめぐりマスコミの「忖度」に皮肉

(引用元:livedoor news)