千鳥・ノブが無名時代のラジオ出演に本音「嫌な感じやったよ」

20

5日放送のラジオ番組「千鳥のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)で、お笑いコンビ・千鳥のノブが、前回出演したときの番組側の冷淡な態度を暴露した。

同コンビのラジオ出演は珍しいそうで、オールナイトニッポンについては実に5年ぶりの出演になったそうだ。

ノブは、前回の出演当時を振り返り「なんか嫌な感じやったよ」と番組側の対応を暴露。まだ無名だった千鳥が、ラジオ番組を担当することに「何だこいつら?」といった反応だったと明かした。また、台本も「なぜ売れないんだ。俺たちは?」と愚痴をこぼすような内容だったとか。

当時のラジオ出演は、千鳥がレギュラーだった「ピカルの定理」(フジテレビ系)が終了した直後だったこともあり、それも相まって、ノブは「嫌な思い出がある」とオールナイトニッポンへの本音を語ったのだった。

【関連記事】
・「こんな奇跡あるんやな」千鳥・ノブとFUJIWARA・藤本敏史に起きた偶然
・千鳥・ノブ 大病を患った父に伝えた愛ある言葉「お金ならある程度は持っているから」
・千鳥・大悟が店員に文句をつけていた客を注意した結果「しっかり殺されそうに」

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.