「スポンサーが殺到」元SMAP3人が出演した「72時間ホンネテレビ」の人気ぶり

0

2日放送の「新春TV放談2018」(NHK総合)で、元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎が出演した「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)の人気ぶりが明らかになった。

番組では、民放各局の関係者やタレントが、2017年のテレビ番組などについて討論した。その中で、インターネットテレビ局・AbemaTVが配信した「72時間ホンネテレビ」の話題となる。同番組は3日間で累計視聴数が7400万以上、Twitterのトレンドに入った番組関連ワードは107件あったそうだ。

出演者のひとり、株式会社AbemaTVの代表取締役社長で、サイバーエージェントの代表取締役社長でもある藤田晋氏は、番組前後の記事も含めて、反響が大きかったことを認める。

スポンサー収入について聞かれると、発表から配信まで1カ月ほどしかなかったものの、藤田氏は「スポンサーが殺到したと言ってもいいぐらい」だったと明かす。

なお、首藤奈知子アナウンサーが番組で1000人にアンケートを採ったところ、「72時間ホンネテレビ」を視聴したのは42人だったと紹介する。これを受けて、藤田氏は「控えめに言っても500万人以上は見ている」と語った。

一方で、格闘技などのコンテンツはスポンサーが入りづらいとも明かし、AbemaTVは現状、「毎年200億(円)赤字を出してる」という。現在は視聴者を増やしている段階で「これは先行投資という位置づけ」だと説明していた。

【関連記事】
・藤田晋社長が「72時間ホンネテレビ」を支えたエンジニアに称賛と労い
・松本人志がBPOの現状に指摘「作り手が萎縮」「逆方向にいってないか」
・実験したかった… 村本大輔が冠番組を突然降板した真相

(引用元:livedoor news)