「気持ち悪い言葉」 ハライチ・岩井勇気がイクメン芸人に痛烈

0

1日放送の「ゴッドタン新春SP 芸人マジ歌選手権 」(テレビ東京系)で、ハライチ・岩井勇気が、“イクメン芸人”を批判した。

番組では、芸人が本気で作詞作曲したオリジナルソングを披露する恒例企画「芸人マジ歌選手権」の特別版を放送。岩井は制作した楽曲「忘れねぇからな」を披露していた。

相方・澤部佑と共にスタジオに登場した岩井は、最近のテレビについて「無責任過ぎるんじゃないかな。自分の言った発言を覆すようなことをのちのち言い過ぎ」と、楽曲に込めた背景を語る。

さらに「”お笑い道”みたいなものを語ってた芸人が、のちのち子どもができて『結局イクメンアピールしてるじゃないか』みたいな」「自分の子どもを育ててイクメンって意味わかんない」と顔をしかめたのだ。

岩井の意見にスタジオがざわつく。澤部が「確実に誰かいるじゃん!」「仕事忙しい中、奥さんを手伝って…」などとフォローを入れるも、岩井は「当たり前のことしてるじゃん」「気持ち悪い言葉。イクメンって」と嫌悪感をあらわにしていた。

【関連記事】
・ハライチ・澤部佑のブレーク後の月収…25歳で40万円超え
・岩井勇気が「けもフレ騒動」にファン目線で言及「口出しする権利はないと思う」
・品川祐が仕事の少ない状況への不安を告白 趣味でスケジュールを埋める日々

(引用元:livedoor news)