「一生忘れない」乙武洋匡氏が父親の葬儀で目撃した報道陣の非礼を暴露

0

26日、作家の乙武洋匡氏が自身のTwitterアカウントで、J-CASTニュースの記事を引用しながらメディアの非礼さに対して怒りを露わにした。

記事では、前日25日のサンケイスポーツのコラムで、貴乃花親方がメディアに対して「ひと声でもかけたら印象がガラリと変わるのでは…」「それが人としての最低限の礼儀ではないか」という一文があったことに対して、「ツイッターやネット掲示板」ではメディア批判が出ていることなどを紹介していた。

2001年、乙武氏の父親が亡くなった際に、メディアが「Tシャツ、デニム姿で大挙して葬儀場に押しかけ、悲しみに暮れる母に執拗にレンズを向けるなど、『人として最低限の礼儀』を欠いた行為」をしていたという。

乙武氏は、最後に「一生忘れない」という強い言葉で、メディアの非礼を断罪した。

【関連記事】
・「ケチる社会ではあってほしくない」乙武洋匡氏が生活保護削減に異議
・「本当に卑怯だと思う」乙武洋匡氏が自虐を交えてメディア批判
・乙武洋匡氏が中国人親子に感動 子どもの「なんで手足ないの?」の問いに母親は…

(引用元:livedoor news)