with Bことブリリアン ブレーク前のブルゾンちえみに本音

0

21日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、今年ブレークしたブルゾンちえみ with Bが出演。with Bのメンバーこと、お笑いコンビ・ブリリアンの徳田浩至がブルゾンのブレーク前に言及した。

番組では、ブルゾンちえみ with Bが昨年10月に結成した経緯(いきさつ)などを語った。昨年の今ごろは、3人で数々のネタ番組のオーディションに参加したが、ほとんど落選し、合格したのは1番組のみ。そのため、いざ合格後は「急に(テレビに)出た感じ」だったと振り返る。

落選続きだったころ、ブルゾンはwith Bに対し「申し訳ない」という気持ちが強かったそう。理由は、with Bもブリリアンとしてコンビ活動をしており、オーディションに付いてきてもらっている状態だったからだ。「受かったら、ふたりも報われるんだけど…」と苦悩していたという。

一方、with Bのふたりはブルゾンのネタを「本当に面白い」と信じ、同行していたと語る。落選のたびに、ブルゾンが謝罪してきたというが、徳田は「向こう(審査員)の方がブルゾンさんの面白さに、まだ気づいていないだけ」と考えていたと明かしたのだ。これには、ブルゾンも「ありがとう」と満面の笑みを浮かべる。

さらに、徳田は「僕らが最初に、ブルゾンさんの面白さに気づいたかもしれない」と自負する。相方の杉浦大毅も、事務所所属と同時にブルゾンと活動するようになったと説明し、「ブルゾンさんと関われるだけで、幸せでしたね」と打ち明けていた。

【関連記事】
・ブルゾンちえみ 国立島根大学の教育学部を3年生で中退した理由明かす
・ブルゾンちえみを3秒で見込んだマツコ・デラックスが力説「宇多田ヒカルさん以来」
・ブルゾンちえみ 国立島根大学の教育学部を3年生で中退した理由明かす

(引用元:livedoor news)